ページ内を移動するためのリンクです。

慌てる前に覚えておこう!
HDD・SSDが認識しない際の対処法

パソコンを起動したのに、なぜかハードディスクを認識しない。あるいは、新しいHDDやSSDを接続したのに認識しないなど。これは、HDDやSSDに接続した際によく起きる現象です。しかし、HDDやSSDは大切なデータが保存されている重要な機器。それが認識しないとなれば、慌ててしまう人も多いことでしょう。そうしたときのために、HDDやSSDが認識しない場合の対処法をあらかじめ覚えておくと安心です。

HDDやSSDが認識されないときの
よくある症状と要因

HDDやSSDが認識されないときの症状として、「HDDの電源が入らない」「HDDは動くが、PC上にアイコンが表示されない」「アイコンは表示されるが、データにアクセスできない」といったことがあげられます。
電源が入らない場合、物理的な問題(必要なケーブルの接続が行われていない)などの可能性があげられます。また、アイコンが表示されない場合ですと、フォーマットがうまくされていないのかもしれません。そして、アイコンは表示されるがデータにアクセスできないといった場合、HDD自体の故障などが疑われます。
このように様々な要因から、「認識されない」状況が発生します。また、HDDやSSDは、使うほど劣化する消耗品です。その為、経年劣化による故障が近付くにつれて、HDDやSSDの認識も不安定になってくる可能性も考えられます。

外付けHDDが認識しないときの対応

万が一、「認識しない」といった事態が発生した場合、まずは、物理的な接続について確認しましょう。ケーブル(USBやE-sata)やACアダプタなど接続しなければならないものが、マニュアルにそって、確実に接続されていますでしょうか。
次に、フォーマットがされているかの確認が必要です。HDDによっては、購入時、「すでにフォーマットがされているもの」と「フォーマットされていないもの」があります。(デバイス管理画面にて、確認可)
接続の確認がとれないものに対しては、フォーマットを確認しましょう。パーティションがとれていなかったり、ドライブ名が割りあてられていなかったりといったことより、フォーマットがうまく実行されていない場合もあるので、問題の原因を確認しながらの作業をおすすめします。
それでも認識が確認できない場合、パソコン側の問題を考慮し、パソコンの再起動や他のパソコンでの接続確認を試してみましょう。
また、前文で述べた「経年劣化」が要因として考えられる場合や、「フォーマット済み」なはずなのに、どうしても認識しないという場合は、データの復旧や取り出しを行っている業者に依頼するのもひとつの方法です。料金は業者によって異なりますが、自宅までHDDを取りに来てくれる業者もありますので、状況によって検討してみてください。

おわりに

現在、パソコンは仕事だけでなく個人にとっても必需品になっています。しかし、HDDやSSDが、動かなくなるトラブルが突然発生する可能性もないわけではありません。。HDD・SSDを新しく増設する際はもちろん、まずは日々のメンテナンスが重要だといえます。そのうえで、HDDやSSDが認識しない場合の対処法は、必要知識として覚えておいてください。

ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

ページトップへ