ページ内を移動するためのリンクです。

「パラメーターが間違っています」と表示されたHDDの対処方法

主に外付けHDDやSSD、USBメモリーなどを使おうとしてUSBポートに挿したときに、「E:\(ドライブ)にアクセスできません。パラメーター(パラメータ)が間違っています」というエラーが出て認識しないことがあります。このエラーはドライブに問題が起きていることを示しており、外付けドライブやUSBメモリー、2台目以上の内蔵ディスク(ドライブ)など、起動用のメインディスクではないものに不具合が起きた場合に表示されます(起動用のメインドライブに不具合がある場合は、OS自体が起動しません)。今回紹介する手順に従って、落ち着いて対処をしていきましょう。

「パラメーターが間違っています」と表示されるエラーの原因は?

このエラーは、ディスクやUSBメモリー内の「パーティションテーブルのパラメーターが間違っている」ことを意味しています。主な原因としては、ディスクのアクセス中の接触不良や、アクセス中にUSBの抜き差しをしたことによるデータ破損などが挙げられます。
「パーティションテーブル」は、ディスクやUSBメモリー内の目次のようなもの。それが壊れて読み取れずに、ディスク内にどんなデータが入っているのかを認識できないときにこのエラーが発生します。その際、内部のデータは正常である場合がほとんどのため、パーティションテーブルを正しく修正することができれば復旧できる可能性は高いでしょう。

HDD使用中に「パラメーターが間違っています」というメッセージが出た場合の対処方法

まずはPCの電源を切り、HDD、SSDなどが接続されているUSBコネクタを外して、しっかりと接続しなおしましょう。パーティションテーブルの不具合ではなく、ケーブルやコネクタの接触不良などが原因で一時的に読み取りができなくなり、エラーメッセージが表示されていることがあるからです。再度接続してから電源を入れてみてください。
エラーが出ずに正常に読み込めば、一時的な不具合なのであまり心配はいりません。ただし、念のためディスクデータのバックアップを取っておくことをおすすめします。 HDDやSSDとの接続を確認しても同じエラーが出る場合は、パーティションテーブルに不具合が出ている、もしくはセクタ不良など、より大きな問題が発生しているケースが考えられます。
この場合は、専門的な知識が必要となりますがWindows標準の「chkdsk()」コマンドを使って、ディスクを診断したり、「TestDisk」というパーティションテーブル修復用のツールを使って修復したりするのが有効です。 chkdskコマンドが使える場合(ドライブがOS上で見えていて、右クリック→プロパティ→ツールが実行できる場合)は、このコマンドを実行することによって、ファイルシステムエラーの自動的な修復や、不良セクタのスキャン・回復ができる可能性があります。

※物理故障などの際にはデータの損傷を大きくしてしまう可能性がありますので、異音がしない、HDDの健康状態が正常であったことなどが把握できている場合にのみ実行することを推奨いたします。

また、パーティション修復用ツールである「TestDisk」というフリーソフトを実行することで、パーティションテーブルの破損が原因のエラーは、ほぼ修復可能といわれています。
ただし、ディスク自体のセクタ破損の場合は修復できない可能性もあります。 これらのツールを使用することで、エラーが修復できる可能性はあります。しかし、同時に一部または全部のデータを消失する可能性もゼロではありません。
自己責任で行うか、自信がない場合はHDD/SSD修復専門業者などに相談しましょう。専門業者でも、このエラーの復旧作業には、全てのデータをチェックするだけで数日かかることがあります。場合によっては費用が数万円以上かかることがあるので、必ず最初に詳細な状態を診断してもらい、修復にかかる費用を確認してから依頼をするようにしましょう。



ロジテックのデータ復旧技術センターは、論理トラブルだけでなく物理故障にも対応した復旧技術を有しています。HDDは故障が発生してもある程度使用することができる保存媒体ですが、使用し続けると重度の故障に進行してしまいます。大事なデータを復旧する必要がある際は、自己判断ではなく、ロジテックにお任せ頂く方が安心です。

「パラメーターが間違っています」エラーを防ぐためには?

このエラーが発生する一番大きな原因は、ドライブへのアクセス中に突然接続が切れたことによるパーティションテーブルの破損です。外付けHDD/SSD、USBメモリーなどは、必ずPCの「ハードウェアの取り外し」コマンドを実行して、完全にアクセスを止めてから取り外すことが重要です。見かけ上はアクセスをしていないようでも、自動的にアクセスをしていることがあります。また、同様の理由で、強制的にPCの電源を切る行為も極力避けるようにしてください。

まとめ

「パラメーターが間違っています」というエラーはディスクに関するものの中でも修復の難易度が高く対処も難しい現象のひとつですが、発生頻度は比較的高いエラーです。このエラーが発生したときは、今回紹介した手順を試してみましょう。ただし、自分で復旧させる自信がない場合は、なるべく早く専門業者に相談しましょう。HDD、SSD、USBメモリーなどに保存されているデータを確実に救出したいなら、やはり専門業者の方が安心です。 また、このようなエラーを防ぎ、万が一のデータの喪失を回避するためには、正しい手順に従ってHDDやSSDなどを扱うこととこまめなバックアップが大切です。重要なファイルは必ず別の場所にバックアップを取っておきましょう。

ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

ページトップへ