ページ内を移動するためのリンクです。

教えて!パソコン周辺機器のSeagate(シーゲイト)ってどんなメーカー?

教えて!パソコン周辺機器のSeagate(シーゲイト)ってどんなメーカー?

みなさんはHDDやSSDを選ぶ時に何を重視して選びますか?選ぶ基準は価格、容量、転送速度、デザインなどさまざまですが、メーカーを基準に選ぶ方も多いでしょう。今回は日本国内でも人気がある、Seagate(シーゲイト)社製品の各シリーズの特徴やデータ保証期間、データ復旧サポートなどについて詳しく見ていきましょう。

世界最大級のシェアを誇るSeagate(シーゲイト)社

Seagate(シーゲイト)は米国に本社を置く、世界的に有名なHDDメーカーです。シーゲイトの歴史は30年以上に及び、一般ユースからエンタープライズ向けまで、幅広いユーザー層に向けた製品を開発しています。高品質かつ業界でも最大級の製品ラインナップは、HDD業界でも国際的に大きな存在です。また、HDDの主要部品は自社生産しているため、高い利益率の製品を販売できるメーカーとして知られています。

目的や用途に合わせて選べる!豊富なラインナップ

シーゲイトの製品は内蔵HDD、外付けHDD、SSHD、SSDなどの製品をすべて揃えているため、どの製品を選んだら良いか迷いがちです。
おおまかには、デスクトップPCなどの容量を増やしたい方には、評価が高いBarracudaシリーズ、容量と処理速度のどちらも重視したい方にはFireCudaシリーズがおすすめです。
さらにHDD(ハードディスクドライブ)増設の知識がなくてもUSB接続だけで容量を増やせる外付けHDDなどもありますので、用途に合った信頼性の高い製品が見つかる可能性は高いでしょう。

■ 【Barracudaシリーズ】大容量・高速・多用途の実力派HDD

Barracuda(バラクーダ)シリーズはデスクトップPCなどに向けたハードディスクで、業界でも目を見張る大容量と7,200rpmという、一般ユースとしては高速な回転速度を持ちます。また、容量のラインナップも幅広く、500GBから最大14TBまでの容量があり、価格帯もさまざまです。また、HDDの高いパフォーマンスが評判で、HDDの大容量とSSDのような快適さを兼ね備えており、特にBarracuda Pro 2.5は、大きさ2.5インチ、厚さ7mmという小型かつ超薄型でありながら、1TBもの容量を持ちます。

■ 【FireCudaシリーズ】SSHDはHDDとSSDの良いとこどり!

聞き慣れない言葉かも知れませんが「SSHD」とは、ソリッド・ステート・ハイブリッド・ドライブ(Solid State Hybrid Drive)の略称です。
従来のHDDにキャッシュメモリと呼ばれる、データの読み書きが速いフラッシュメモリを搭載したディスクなのですが、よく使うデータをフラッシュメモリ内に保存することができます。これにより、よく使うデータには高速でアクセスすることができ、他のデータはHDDに保管されます。
また、フラッシュメモリに保存するデータは自動学習によって判断されるため、ユーザーが意識することなく、処理速度の早さを体感できます。
SSHD内のHDDの回転速度は5,400rpmですが、SSHD全体では7,200rpmHDDの5倍の処理速度を実現しています。よって、起動が速くなり、ゲームや動画編集など重いソフトウェアや大きなデータを使用する時もストレスが軽減されるでしょう。

■ 【Expansionシリーズ】簡単に取り付けられるお手頃な外付けHDD

シーゲイトは製品の企画、設計開発から製造まで一貫して行っており、あらゆるユーザー層に対応しています。
中でもExpansionシリーズは家庭向けの大容量の外付けHDDで、Windows、Macの各OSに対応しており、出荷台数は累計20億台以上です。
パソコンに接続する場合は、あらかじめ初期化されているので、USB接続するだけで使えます。また、容量は1TB、2TB、3TB、4TB、8TBと幅広く用意されています。
USB3.0にも対応しているため、転送速度はUSB2.0の10倍で、なおかつ24時間連続録画も可能な耐久性と静音性(冷却ファンを使用しない)を備えています。
さらにテレビとレコーダーへの接続は、「かんたんテレビ接続ガイド」がメーカーごとに用意されていますので、HDDの知識があまりない方でも簡単に接続することができます。

Seagate(シーゲイト)製品は安心の最長5年保証付き

製品によりますが、シーゲイトの製品は最長5年保証で修理対応がついています。
保証期間の長さは品質への自信と信頼性の証とも言えるでしょう。詳細は製品購入時にご確認ください。

■Seagate社の専門家によるデータ復元サポート

シーゲイトのラボ内・データリカバリを利用すれば、機器故障時(機器が動かない、認識しない、ファイルの読み書きができない、おかしなタイミングでビープ音が鳴るなど)にデータを復旧できる可能性があります。
また、使い方によってはHDDなどの内部やケースが破損することもあります。こういった物理的な破損で故障した状態からデータを復元するには、通常数万円〜数10万円が必要です。
しかし、事前に「データRescueプラン」に加入しておくことで、内蔵・外付けHDDやSSDなら年間約560円で復旧サービスを受けられます。
また、自分でデータ復旧をしたい方のためには、リカバリーツールも販売されています。詳しくはシーゲイト公式ホームページなどをチェックしてみてください。

まとめ 幅広いラインナップと手厚い保証で支持されているSeagate社のHDD

シーゲイトの製品は自社で企画開発から製造まで一貫しているため、初心者からPC上級者まで幅広いユーザー層に向けた商品ラインナップを揃えています。
また万が一の不具合が起きても、保証期間は最長5年と他社より2〜3年長いため、サポートをしっかり受けられるでしょう。

ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • 法人様向けユーザーナビ
  •  USBメモリ 32GB USB3.1 Gen1(USB3.0) ホワイト
  • HDDケース(ハードディスクケース) 3.5インチ USB3.1(Gen1)
  • 外付けHDD ポータブル 1TB USB3.1(Gen1)
ページトップへ