ページ内を移動するためのリンクです。

SDカードが破損していますと表示される原因とは?対処法も解説

SDカードが破損していますと表示される原因とは?対処法も解説

SDカードはデジタルカメラやスマートフォン、携帯電話の外部記憶媒体として多くの機器で利用されているメディアです。実際にSDカードを利用しているという方も多いでしょう。
しかし突然「SDカードが破損しています」などと画面に表示され、カード内部のデータが一切読み取り不能になることがあります。大事な写真や動画などが含まれている際には、慌ててしまうかもしれません。そのような事態に見舞われた際に、どう対処すればよいのでしょうか。
この記事では、スマホなどの画面に「SDカードが破損しています」などと表示され、データの読み取りができなくなった際の対処法についてご紹介します。考えられるいくつかの原因やデータ復元の方法などを覚えておき、いざというとき困らないようにしましょう。

SDカード破損の原因とは?

SDカードが破損してしまう原因は、おもに「物理的障害」と「論理的障害」の2つに分けられます。物理的障害とはSDカードそのものが壊れてしまうことを指し、論理的障害とは誤った使い方や機器の不可抗力的な動作などによるSDカード内部のデータの破損を指します。
ここでは、複数あるSDカード破損の原因をさらに具体的にご紹介します。



■物理的障害による破損のケース

SDカードが「水没」や「加熱・加圧」、「折れ曲がり」などで破損してしまい、データの読み書きができなくなるケースです。書き込み回数が上限を超えた場合や、長期間の使用によって物理的に寿命を迎えることで使用不能になる場合もあります。また何度も機器への着脱を繰り返すことにより、コネクタ(端子)部分が破損して接触不良を起こすこともあります。
SDカードは薄く小さいメディアで外部からの圧力や衝撃にあまり強くないため、物理的障害が発生しやすいのです。



■論理的障害による破損のケース

SDカードの使い方を誤ったり、機器側が予期せぬ動作を起こしたりするなどの理由でSDカード内部のファイルに問題が起こり、読み書きできなくなるケースです。
具体的には、「データ書き込み中にSDカードを抜いてしまった」「SDカードを差した機器が予期せずバッテリー切れを起こし、強制停止した」などが原因となって論理的障害が発生してしまいます。
SDカードには、ファイルの読み取りや書き込みを繰り返す中でその都度更新履歴のバックアップをとる機能がないため、不用意な抜き差しなどで論理的障害による破損が起こる危険があるのです。

SDカードが破損した際の注意点と対処法

ここでは、「SDカードが破損しています」などと表示され、SDカードの読み書きができなくなった場合の対処法についてご紹介します。
まずは、これからご紹介する対処法を試す前に、SDカードが本当に破損しているかどうかを確かめるようにしてください。具体的な確認方法としては「スマホの再起動」、「パソコンや違うスマホなど、日ごろSDカードを使っている機器以外での動作チェック」などがあります。これらを試して正常に動作すれば、SDカードは破損していないかもしれません。
もし上記の方法を試してもSDカードが使えなければ破損が疑われますので、以下にご紹介する注意点と対処法をご参照ください。



■フォーマットは注意が必要

SDカードの読み書きに問題がある場合、フォーマット(初期化)をおこなうことでSDカードを修復できる可能性があります。
ただし、SDカードの破損を通知するメッセージ上に「SDカードをフォーマットしますか?」などと表示された場合でも、すぐにはフォーマットしないよう注意が必要です。
安易にSDカードをフォーマットしてしまうと、もしデータが内部に残っていてもそれらが完全に消えてしまいます。本来復元できる可能性があったデータが修復不可能になるかもしれないため、フォーマットの実行には慎重になったほうがよいでしょう。



■データ復元ソフトを使ってみる方法

無料で配布されているパソコン用のフリーソフトなどの中には、SDカードのデータ復元ソフトもあるのでフォーマットする前に、それらの復元ソフトを試してみましょう。ただし、それらのソフトで確実にデータの復元ができるとは限りません。
仮に復元できたとしても、データを取り出して再利用することはできなくなっている可能性もあるので注意が必要です。
また無事データを取り出せたとしても、いったん破損したSDカードなどをそのまま使い続けることはおすすめできません。すぐにデータのバックアップを取り、破損したSDカードは使用しないようにしましょう。



■データ復元の専門業者に依頼する方法

破損したSDカードに対し、自己判断で抜き差しを繰り返すなどするとさらに状態を悪化させることもあるため、不安ならご自身ではあまり触らず業者に依頼したほうがよいでしょう。
専門業者に依頼してデータを復元してもらうには費用がかかりますが、障害のケースを問わずデータを復元ができる可能性があります。もちろんその際には、信頼できる業者を選定することが大切です。
障害の理由次第では専門業者でも復元が難しい場合があり、また携帯電話・スマートフォンの販売店ではSDカードの修復を実施していないので注意しましょう。

⇒データ復旧サービスの紹介
https://www.pro.logitec.co.jp/pro/g/gSB-DRPC-01-WEB/
⇒SDカードの商品ページ
https://www.pro.logitec.co.jp/pro/c/cMESD/

まとめ SDカードのデータはしっかりとバックアップをとっておこう

スマホやデジカメのデータ保管用に、SDカードを利用している方は多いでしょう。しかし、SDカードも突然破損してしまうことが考えられます。
大切なデータに突然アクセスできなくなっても慌てないよう、PCメーカーや携帯電話会社が提供しているクラウドサービスなどを利用して、データのバックアップをしっかりととっておくことが大切です。

ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • 採用情報
  • 法人様向けユーザーナビ
  • SDカード64GB
  • マイクロSDカード64GB
ページトップへ