ページ内を移動するためのリンクです。

ブルーレイドライブが故障した?診断方法や不具合、解決策を徹底解説

ブルーレイドライブにも種類がある?基礎知識から種類まで解説

ブルーレイドライブはDVDやブルーレイの読み込み、データの書き込みができる光学ドライブの1つで、パソコンや録画・再生機器などに搭載される光学ドライブの主流となっています。データの読み書きに欠かせないブルーレイドライブですが、もし突然故障したときや故障が疑われるときはどのように対処すればよいのでしょうか。この記事ではブルーレイドライブにおける故障の際に起こる不具合や診断方法、実際に故障していた場合の解決策についてご紹介します。

ブルーレイドライブが故障している際に起こる不具合

ブルーレイドライブが故障するとさまざまな不具合が生じてしまいます。ここでは、ブルーレイドライブの故障の際に起こる不具合の代表例についてご紹介します。

■ ディスクを読み込まなくなる

まず挙げられる不具合が、CD・DVDやブルーレイなどのディスクを読み込まなくなってしまう状態です。具体的には、ドライブにCD・DVDやブルーレイを入れてもディスクの回転が始まらない、回転はするもののデータの再生が実行されない場合の2種類に分けられます。ディスクの回転は始まるのにデータが再生されない場合は、ブルーレイドライブが認識されていない可能性があります。また、ディスクの種類によってはブルーレイドライブに対応していない場合があり、その際も読み込みが行われません。

■ ブルーレイドライブのトレイが開かない

ブルーレイドライブの開閉ボタンを押してもトレイが開かない、あるいはトレイは開くがすぐ閉じてしまい使用できないという不具合が生じる可能性が考えられます。この場合はブルーレイドライブ自体の物理的な故障や、長期使用による劣化の可能性が高いです。本体を修理に出すか、自身でできるようであればブルーレイドライブの交換をするとよいでしょう。

「トレイにディスクが入っていて、取り出してから修理したい」という場合は、強制イジェクトボタン(トレイの下にある穴)を押すことでトレイを開けることができます。強制イジェクトボタンは針金など先の細いもので押すようになっている場合がほとんどです。強制イジェクトボタンを操作する際は、必ず本体の電源を切ってから行ってください。また、無理に取り出そうとするとディスクが破損する恐れがあるため注意しましょう。

■ 読み書きの最中にエラーが発生してしまう・再生中に止まってしまう

ディスクは読み込めても、読み書きの最中にエラーが発生することもあります。もし書き込み作業だけエラーが出る場合は故障ではなく「書き込み用ソフトがインストールされていない」「使用しているブルーレイドライブに書き込みソフトが対応していない」などのケースが想定されます。音楽の再生が止まったり映像が乱れたりする場合は、ディスク自体の傷や汚れが原因というケースもあるので、CDやDVD・ブルーレイディスクの汚れを落として再生しましょう。それでも止まる場合はブルーレイドライブの故障の可能性が高いです。

ブルーレイドライブの故障診断方法

ブルーレイドライブの故障が疑われる場合、原因が本当にブルーレイドライブなのか、そうであればどこがどのように故障したか確かめる必要があります。ここではブルーレイドライブの症状を診断するためにチェックしたい項目をご紹介します。

■ ブルーレイドライブの故障かどうかを確認する

読み込みたいディスクを他のブルーレイドライブで読み込んでみましょう。それでもディスクが読み込めなければ、ディスク側の問題という可能性があります。逆に他のブルーレイドライブで読み込めた場合、ドライブの故障の可能性が高いです。同様に、故障が疑われるブルーレイドライブで複数のディスクを読み込む方法もあります。使用したすべてのディスクが読み込めなければブルーレイドライブが故障した可能性が高いでしょう。

■ ディスクに汚れや傷がないかを確かめる

次に考えられるのが、DVDやブルーレイなどのディスクに汚れや傷があり、それが原因で正しく読み込めない場合です。ディスクに傷がない、汚れを取っても読み込みできないときはブルーレイドライブの故障が疑われます。

■ ピックアップレンズ部分のクリーニングを行ってみる

ディスクの読み込みをするピックアップレンズが汚れている場合、ディスクが正しく読み込めないこともあります。その際は、ブルーレイドライブのクリーニング用ディスクを使用してみてください。ピックアップレンズをクリーニングすることで、読み込みが改善する可能性があります。レンズクリーナーディスクはCD用やDVD用、BD用など、対応機種によって複数の種類があるため、ご自身のブルーレイドライブに合うものを選ぶようにしてください。

■ デバイスマネージャーを確認してみる

ディスク側の異常が疑われなければ、ブルーレイドライブの故障やパソコンの設定上の問題も考えられます。Windowsのスタートメニューで「デバイスマネージャー」を検索して開き、ブルーレイドライブのプロパティを確認することでブルーレイドライブの状態を確認できます。ここでエラーの表示があればブルーレイドライブに不具合が発生している可能性が高いです。また、そもそもブルーレイドライブを認識していないため、デバイスマネージャーにブルーレイドライブが表示されていない場合もあります。

故障していた場合はどうすればよいのか

ブルーレイドライブの故障診断を行ってディスクやピックアップレンズの汚れが原因であることがわかれば、汚れを落とすことで対処できますが、実際にブルーレイドライブが故障していた場合はどのように対処すればよいのでしょうか。

■ デバイスマネージャーでエラーメッセージが出ていた場合

診断ツールなどを使用し、ブルーレイドライブが正常に動くよう設定を変更することで改善する場合があります。もし設定変更の方法がわからなければ、メーカーのサポートセンターに問い合わせるか、修理業者に依頼するのがよいでしょう。

■ デバイスマネージャーでブルーレイドライブが認識されないなど物理的な不具合が生じている場合

ブルーレイドライブの物理的な不具合が原因である場合はブルーレイドライブの交換が必要です。ブルーレイドライブを再接続することで認識される可能性もあるので、外付け型ブルーレイドライブのように取り外しが容易にできるものは一度試してみましょう。自身で交換や再接続ができない場合は、修理業者に依頼するのがおすすめです。

まとめ ブルーレイドライブの故障の原因を把握し、適切な対応をしよう

ブルーレイドライブに不具合が生じるときは、今回ご紹介した診断方法で状態をおおまかに把握することができます。故障の原因や不具合の状態をしっかりと把握したうえで、ブルーレイドライブの交換や修理に出すなど、慌てず適切な対応をすることが大切です。

ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • 採用情報
  • 法人様向けユーザーナビ
  • Mac用外付けブルーレイドライブ
  • ブルーレイドライブ
ページトップへ