ページ内を移動するためのリンクです。

SSDとHDDを併用!メリット・デメリットや設定方法を解説

SSDとHDDを併用!メリット・デメリットや設定方法を解説

パソコンなどに利用されるストレージ(内蔵記憶媒体)として現在主流になっているのは、高速処理が特徴のSSDと、大容量で根強い人気のHDDの2つです。SSDとHDDのいずれにもメリットとデメリットがあるため、ご自身のパソコンでどちらを利用するか迷うこともあるでしょう。そのような場合、SSDとHDDを両方入手して1台のパソコンで併用することもおすすめです。この記事では、SSDとHDDを併用することのメリットやデメリット、ご自身のパソコンでSSDとHDDを併用するための設定方法についてご紹介します。

SSDとHDDを併用するメリット・デメリット

高速なデータ処理が魅力のSSDと大容量が魅力のHDDですが、では両者を併用するとどうなるのでしょうか。ここでは、SSDとHDDを1台のパソコンで併用するメリットとデメリットについてご紹介します。

■ SSDとHDDを併用するメリット

日々立ち上げるOSやゲームなどのアプリはSSDに、写真や音楽・映像などのデータはHDDに保存すると、パソコンや頻繁に使うアプリの起動速度を向上させながら、多くのデータを保存することが可能です。またHDDを併用することで、SSD単体で同じ容量のストレージを構築するより価格を抑えることができます。SSDへのデータ書き込み頻度も減らせるため、SSDの寿命を延ばすことにもつながります。

SSDはシステム用(OSをメインで保存する)ドライブとして使用し、データ用のHDDに初期化用のバックアップイメージを保存すれば、万一SSDのシステム上にトラブルが発生しても短時間でリカバリー作業を行えることもメリットの一つです。

■ SSDとHDDを併用するデメリット

SSDとHDDを併用することにはデメリットもあります。HDDを外付けしてドライブを構築する場合は問題ありませんが、SSDとHDDの両方をパソコンに内蔵する場合、SSDやHDDの接続や設定を行う必要があるため、ある程度の知識が必要です。また、SSDとHDDの両方を内蔵する場合は、パソコンの内部にその分のスペースやスロットが必要となります。デスクトップパソコンなら問題ないことが多いですが、小型のノートパソコンなどの場合、スペースが足りず両方の内蔵ができないことも考えられます。

■ SSDとHDDを併用する際の設定方法

では、1台のパソコンでSSDとHDDを併用する場合の設定はどのように行えばよいのでしょうか。SSDとHDDを併用する方法は、以下のようなものが挙げられます。

  • SSDとHDDが初期搭載されているパソコンを購入する。
  • 外付けSSDや外付けHDDを利用し、それぞれを接続して使用する。
  • 既存のパソコンに、SSDとHDDを内蔵する。

パソコン自体に2種のドライブが初期搭載されているものや、外付けデバイスを利用する場合は、設定などを特に行う必要はありません。しかし、2種のドライブを両方とも内蔵する場合はある程度の設定と、それに関する知識が必要になります。ここではWindows10搭載パソコンを例として、SSDとHDDを内部に搭載して併用する場合の設定方法を解説します。

■ SSD(またはHDD)をパソコンに接続する

パソコンケースのネジなどを外し、SSDあるいはHDDを取り付ける作業を行います。その際、OSをHDDからSSDへ移行する場合は、所定のソフトを使用して事前にすべてのデータのコピーを行っておきましょう。また、SSDの容量はそれまでHDDで使用していた容量よりも多いものにしないと、正常に動作しません。コピー元よりも大きい容量のものを選びましょう。

■ 起動優先順位を変更する

BIOS画面を開き、起動の優先順位をHDDからSSDに変更しましょう。BIOS画面は起動画面でF2キーやDeleteキーを押すことで呼び出すのが一般的ですが、パソコンによって方法は異なるため、事前に確認しておく必要があります。もしAHCIが有効になっていなかった場合には、同様にBIOS画面を起動させて有効にしておくようにしましょう。

■ ファイルの保存場所を確認する

OSなどを保存するSSDは「Cドライブ」、写真や映像・音楽などのデータを保存するHDDは「Dドライブ」または「Eドライブ」などと表記されますが、ファイルの保存場所が「Dドライブ」や「Eドライブ」になっているかどうかを確認しましょう。

ファイルの保存場所をDドライブやEドライブに変更したい場合、まず「エクスプローラー」画面を開きます。保存先を変更したいフォルダが表示されたら右クリックし、プロパティを開いてください。プロパティ画面の「場所」タブを開き、移動ボタンをクリックすることで移動先の選択ができます。そこでローカルディスク(D)や(E)を選び、新たにフォルダを作成しそれを指定しましょう。

まとめ SSDとHDDの併用はメリットが多い

SSDとHDDを併用すると、SSDとHDDそれぞれのメリットを十分に引き出すことができます。実際に使用してみると、とても使い勝手がよくパフォーマンスと容量の両立を図れることが分かるはずです。それぞれ長短のあるSSDとHDDの双方を上手に併用することで、ご自身のパソコンでもよりよい作業環境を構築してみてはいかがでしょうか。

ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • 採用情報
  • 法人様向けユーザーナビ
  • 小型ポータブルSSD 960GB
  • 薄型ポータブルHDD 1TB
ページトップへ