ページ内を移動するためのリンクです。

Windows10がDVDドライブを認識しないのはなぜ?対処方法を徹底解説

Windows10がDVDドライブを認識しないのはなぜ?対処方法を徹底解説

DVDやブルーレイドライブ、CDといった光学ディスクのデータ読み書きをするために、光学ドライブが搭載されているデスクトップパソコンは多いです。しかし、OSをアップデートしたりソフトウェアをインストールしたりした後に、突然ドライブを認識しなくなってしまうことがあります。その際は、どのように対処すれば良いのでしょうか。今回は、Windows10のパソコンを例に挙げ、「DVDドライブを認識しない場合」と「DVDドライブが光学ディスクを認識しない場合」の2つの問題について対処法をご紹介します。

Windows10がDVDドライブを認識しない場合の対処法

Windows10のパソコンがDVDドライブを認識しなくなった際は、どう対処すべきなのでしょうか。その手順をご紹介します。

BIOSでDVDドライブが表示されているかを確認する

まず、BIOSを起動してDVDドライブがパソコンに認識されているか確かめましょう。BIOSを起動する方法はパソコンによって異なるため、パソコンの取扱説明書やメーカーのホームページなどで確認が必要です。

もしBIOSにDVDドライブが認識されていなければ、ドライブの接続に問題がある可能性もあります。デスクトップパソコンを使用していて、内部の配線を確認できる場合は、ドライブケーブルが正しく接続されているかどうかを確認すると良いでしょう。逆に、BIOSにDVDドライブが表示されている場合は、ドライブのソフトウェア側に問題があると考えられます。

DVDドライブのドライバーを更新または再インストールする

パソコンがDVDドライブを認識しない場合は、DVDドライブのドライバー(動作ソフト)を更新または再インストールすると直る場合も多いです。

ドライバー更新の手順は、まずスタートメニューから「デバイスマネージャー」を開き「DVD/CD-ROM ドライブ」をダブルクリックします。すると、パソコンに接続しているDVDドライブが表示されるので、認識されていないドライブがあるならそのアイコンを右クリックして、「ドライバーの更新」→「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」を選択してください。更新できるドライバーが見つかった場合は、画面の指示に従い更新を行います。

更新できるドライバーが見つからなかった場合は、いったん「デバイスのアンインストール」をクリックしてからパソコンを再起動しましょう。DVDドライブが接続されていれば、パソコンを再起動した後にドライバーが自動的に再インストールされます。

破損したレジストリを修正する

プログラムを修正する方法なので若干高度に感じるかもしれませんが、以下の手順通りに行えば正確に修正ができます。

まず、「Windowsキー」と「Rキー」を同時押しして、「ファイル名を指定して実行」を表示させます。ファイル名の入力欄に「regedit」と打ち込み、ナビゲーションウィンドウが開いたら「Computer」を選択します。その後は、ツリーのようにアイコンが表示されていくので「HKEY_LOCAL_MACHINE」「SYSTEM」「CurrentControlSet」「Control」「Class」「4D36E965-E325-11CE-BFC1-08002BE10318」の順に選択していきましょう。最後に選択したウィンドウで「UpperFilters」や 「LowerFilters」が見つかったら削除してください。なお、レジストリの修正を間違えるとパソコンに問題が発生する可能性があるため、注意して実行しましょう。

上記の手順を試しても認識しない場合

前述の方法を試してもDVDドライブが認識されない場合は、パソコンを初期化する必要があります。パソコンを初期化すると、ハードディスクなどに保存したデータはすべて消えてしまうので、作業環境やデータのバックアップを取ってから初期化を実行しましょう。

もしパソコンを初期化してもDVDドライブが認識されないのであれば、DVDドライブそのものが故障している可能性があるため、専門業者による修理、またはDVDドライブの交換が必要です。

DVDドライブが光学ディスクを認識しない場合の対処法

パソコンがDVDドライブを認識していても、DVDなどの光学ディスクを入れたときにディスクが認識されないことも考えられます。ここでは、DVDドライブが光学ディスクを認識しなくなった場合の対処法についてご紹介します。

ディスクの傷や対応製品かどうかを確認する

光学ディスクに傷が付いていないか、DVDドライブが光学ディスクに対応しているかなどを最初に確認することが大切です。複数の光学ディスクを順にDVDドライブに入れてみることで、DVDドライブが正常に作動しているかどうかを確認することができます。

パソコンの設定を確認する

パソコンは、光学ディスクをドライブに入れるだけで再生が始まる「自動再生」の設定になっている場合が多いです。もし光学ディスクの認識がうまくいかない場合は、再生の設定を「毎回動作を確認する」に変更することで解決できるかもしれません。

また、再生に使用しているプレーヤーに問題が起きていることも考えられます。その場合にはプレーヤーを別のものに変更したり、プレーヤーを再インストールしたりするのも手です。

ドライバーを更新する

Windows10のパソコンでは、ドライバーが原因で光学ディスクを認識しないことも多いといわれています。前述の方法で、DVDドライブのドライバーを更新したり再インストールしたりしてみてください。

外付けDVDドライブを利用するのも手

パソコンに内蔵されているドライブの不具合がどうしても直らない場合は、代わりに外付けのDVDドライブを使う方法もあります。外付けDVDドライブがあれば、光学ドライブが搭載されていないノートパソコンでも使えるため便利です。緊急時や外出先での使用に備えて、1台用意しておくのも良いでしょう。

おすすめ商品

● ライティングソフト付き コンパクト&スリムポータブルDVDドライブ

約300gの軽量ボディは傷が付きにくいアルミパネルを採用し、USBバスパワーに対応した持ち運びに最適な製品です。※Windows専用です。

まとめ Windows10でDVDドライブを認識しないときは原因を確認して適切に対応しよう

Windows10のパソコンでDVDドライブが認識されない問題は、ドライバーの更新によって対処できる場合もあります。どうしてもDVDドライブを認識しない場合は業者に修理を依頼する必要がありますが、外付けのDVDドライブを利用するのもおすすめです。DVDドライブがパソコンに認識されないときは、今回ご紹介した方法を試すなど、適切な対応を取ることが大切です。

ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • 採用情報
  • 法人様向けユーザーナビ
  • スマホ用ワイヤレスCD録音ドライブ Android対応 iPhone対応 CDレコード 2.4GHz
  • リスニング学習向けCDプレーヤー クリップリモコン付き
ページトップへ