ページ内を移動するためのリンクです。

PS4®で外付けSSDを使うメリットは?ロジテック製のおすすめ商品と併せてご紹介

PS4®で外付けSSDを使うメリットは?ロジテック製のおすすめ商品と併せてご紹介

PS4®でゲームをする時、起動やデータの読み込みに時間がかかることはないでしょうか。データのロード時間を短縮したい場合には、外付けSSDがおすすめです。この記事では、PS4®に外付けSSDを使用するメリットや外付けSSDの選び方、ロジテック製のおすすめ外付けSSD商品などをご紹介します。

PS4®で外付けSSDを使うメリット

PS4®のデータを、内蔵型のストレージではなく外付けSSDで管理することには、主に以下のようなメリットがあります。

ロード時間を短縮できる

PS4®またはPS4®Proの内蔵ストレージはHDDです。そのため、ゲームによってはデータの読み込みに時間がかかりますが、データ転送速度の速い外付けSSDでゲームデータを管理すれば、ロード時間の短縮が見込めます。

内蔵SSDを取り付けるよりも手軽

外付けSSDはUSBケーブルを本体のUSBポートに接続するだけで使用できるため、導入も簡単です。内蔵ストレージを取り出す必要がある換装よりも手軽にデータの読み込みを高速化できるうえ、容量もアップできます。

内蔵ストレージを換装するより高速になる

初期型や現行のPS4®では、内蔵ストレージの接続規格にSATAIIが使われています。SATAIIの理論上の最大転送速度は3Gbpsですが、PS4®の外付けに使われているUSB3.2 Gen1(USB3.0)規格の最大転送速度は5Gbpsなので、内蔵ストレージを換装するよりデータ転送を高速化できます。

ただし、上位モデルであるPS4®Proで採用している接続規格はSATAIIIです。SATAIIIの理論上の最大転送速度は6Gbpsなので、内蔵ストレージを換装したほうが高速化を図れる場合もあります。

PS4®に接続する外付けSSDの選び方

PS4®に外付けSSDを接続することにはメリットが多いものの、製品を選ぶ際にはいくつかの注意点があります。ここでは、PS4®に接続する外付けSSDを選ぶ際のポイントをご紹介します。

容量を確認する

PS4®は、容量が250GB以上・8TB以下の外付けSSDでなければ接続しても認識しません。近年は容量の大きなゲームも増え、大作では50GBを超えることも多いです。インストールしたいゲームの容量や本数も考えながら、適した容量の外付けSSDを選ぶと良いでしょう。

頑丈さも確認

PS4®を長時間使用することも多く、外付けSSDの寿命が気になるという場合は、製品の平均故障時間(MTBF)を確認して選ぶことも重要です。この時間が長いほど故障しにくく、外付けSSDの寿命が長いといえます。

外付けSSDをPS4®に接続する方法

外付けSSDをPS4®に接続するためにはフォーマットが必要です。外付けSSDのフォーマットは、以下の手順で行えます。

まず、外付けSSDをUSB 3.0ケーブルでPS4®に接続します。その後、本体の「設定」メニューから「周辺機器」「USBストレージ機器」の順に選択してフォーマットする機器を選び、「拡張ストレージとしてフォーマットする」を実行しフォーマットを行いましょう。

フォーマットが完了したら「設定」「ストレージ」「本体ストレージ」「アプリケーション」の順に選択し、外付けSSDに移動させたいゲームを選択すると外付けSSDからゲームを起動できるようになります。

PS4®におすすめのロジテック製外付けSSD

ロジテック製の外付けSSDにも、PS4®への接続におすすめの製品があります。ここでは、PS4®で使用できるおすすめのロジテック製外付けSSDを4つご紹介します。

おすすめ製品

● 【メール便発送】小型&軽量 外付けポータブルSSD 480GB

最大転送速度5Gbps(理論値)のUSB3.2 Gen1(USB3.0)に対応し、米国採用品の選定基準となるMIL-STD810G規格にも準拠した耐久性を誇る外付けSSDです。万が一の落下でも耐えうる衝撃に強い設計です。

 

● 高耐久 外付けポータブルSSD 480GB

こちらも米国のMIL規格に準拠し、耐衝撃や耐振動に優れる外付けSSDです。頑丈でありながら厚さは15mmと薄型で、PS4®に接続しても邪魔になりません。またUSB3.1 Gen1(USB3.0)に対応しているので、高速なデータ転送も可能です。

 

● 内蔵SSD変換キット 480GB HDDケース・データ移行ソフト付

内蔵HDDをSSDに換装できる変換キットですが、外部接続すれば外付けSSDとしても利用できます。PS4®なら外付けSSDとして、PS4®Proなら換装して内蔵SSDとして使用するなど、PS4®の型番に応じて使い分けできる点も魅力です。また、取り出した内蔵HDDは専用のケースに入れて外付けHDDとして利用することもできます。

 

● 外付けポータブルSSD 480GB

最大転送速度5GbpsのUSB3.1 Gen1(USB3.0)に対応した外付けSSDです。LEDは背面に設置されているので、ゲーム中に光の点滅が気になることはありません。また、傷や指紋が付きにくい表面加工を採用しており、見た目もシンプルでスッキリしています。

まとめ 外付けSSDを活用してPS4®でゲームをより楽しもう

PS4®は内蔵ストレージにHDDを採用しているため、ロード時間が遅いことがネックです。また、ゲームによってはデータが非常に大きく、容量を圧迫してしまうこともあります。しかし、外付けSSDがあれば、ロード時間の短縮や容量の増加など、より快適にPS4®でのゲームを楽しむことが可能です。ご自身の用途や楽しみたいゲームなどに合わせて、外付けSSDを活用してみてはいかがでしょうか。

ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • 採用情報
  • 法人様向けユーザーナビ
  • PS4をSSD化 換装手順
  • 内蔵SSD換装キット
ページトップへ