ページ内を移動するためのリンクです。

タイムシフトマシンとは?テレビ視聴が快適になる機能の魅力

タイムシフトマシンとは?テレビ視聴が快適になる機能の魅力

見たいテレビ番組や興味のある番組を視聴するためには、番組の放送時間に合わせてテレビを見るか、あらかじめ番組の録画予約をしておく必要があります。しかし番組の放送時間に外出していたり、録画予約を忘れたりして、番組を見逃してしまうこともあるでしょう。そのような場合に、見たいテレビ番組の見逃しを防げて便利なのが、東芝製の一部テレビに設けられている「タイムシフトマシン」機能です。この記事ではタイムシフトマシン機能の概要や、タイムシフトマシン機能が持つ魅力についてご紹介します。

タイムシフトマシンとは

タイムシフトマシンとは、東芝が販売するテレビ「REGZA(レグザ)」の一部機種に搭載されている録画機能です。タイムシフトマシン機能が搭載されたテレビは、放送されるテレビ番組を本体に接続した外付けHDDに丸ごと録画しておくことができます。具体的には地上デジタル放送を最大6チャンネルまで、録画予約なしに自動で録画可能です。

タイムシフトマシン機能を活用すれば、自分で録画予約をしていなくても、見たい番組を見たいタイミングでいつでも視聴できるようになります。今までは時間が合わずに見逃していた番組も視聴可能になるので、テレビの楽しみ方が広がるでしょう。

タイムシフトマシンの魅力

タイムシフトマシン機能を上手に使うことで、今までのテレビでは難しかった視聴スタイルを実現することができます。タイムシフトマシン機能には、どのような魅力があるのでしょうか。

放送中の番組を最初から見られる

タイムシフトマシン機能で録画中の番組は、ボタン1つで始めの場面にジャンプしたり30秒前のシーンに巻き戻したりできます。テレビの電源をつけたら始まっていた、チャンネルを替えた際に目に留まったなどの理由で途中から見始めた番組でも、冒頭から視聴が可能です。

タイムシフトマシン機能を使うことで、番組の見たい部分を見逃してしまったり、番組視聴中に何らかの作業や対応に追われてやむを得ずテレビから目を離したりした際も、安心して番組を楽しめるようになります。

放送済みの番組でも再生できる

タイムシフトマシン機能で録画された番組は、機能に設けられた「過去番組表」から、放送時間に関係なくボタン1つで視聴できます。SNSやネットニュース、友人との会話などで放送後に見たくなった番組も視聴が可能です。

また、見たい番組の放送時間が重なったり裏番組を見逃したりした際も、時間があるときにゆっくり見られます。複数の番組を行き来して、面白そうな番組をザッピングで探す必要がなくなり便利です。

音声による検索機能に対応

タイムシフトマシンには、キーワードを話しかけることで検索してくれる機能も備わっているのが特長です。操作方法は、リモコンの「ボイス」ボタンを押してから見たい番組名や出演者名などを話しかけるだけと簡単で、すぐに関連する番組や見どころのシーンを検索してくれます。

また、タイムシフトマシン機能で録画したテレビ番組に限らず、ネット上の動画コンテンツや通常の録画予約で録画した番組なども、音声検索によって簡単にアクセスできます。音声検索機能を利用すれば、膨大な録画番組の中からでも、すぐに見たいものを探して楽しめるようになり便利です。

タイムシフトマシン対応のHDDを用意しておこう

タイムシフトマシン機能を使うためには、タイムシフトマシン機能に対応した外付けHDDを接続する必要があります。タイムシフトマシン機能では、ハードディスクの空き容量が不足すると、一時保管されている番組を古いものから自動で削除していきます。タイムシフト録画用のUSB端子はUSBハブ接続には対応しておらず、USBポートの数以上にHDDを接続できないため、タイムシフトマシン機能での録画に使う外付けHDDは大容量のものが最適です。

タイムシフトマシン機能で録画した番組は、通常録画用のHDDにダビングできるため、大容量のHDDを複数個用意しておくのも便利です。4K衛星放送の録画にも通常録画用のHDDが必要になるため、より鮮明な映像を楽しみたい方も用意しておくと良いでしょう。

また、タイムシフトマシン機能による番組録画中はHDDが長時間駆動し続けることになります。容量だけでなく耐久性にも優れ、長時間連続で動かす用途に向いたHDDを用意しておきましょう。

おすすめ製品

ロジテックのタイムマシンシフト対応ハードディスクは通常のテレビ録画だけでなく、東芝レグザに搭載されている録画機能「タイムシフトマシン(※1)」に対応。信頼性の高い24時間録画 & AVコマンド対応のハードディスク採用で安定した性能を発揮します。タイムシフトマシンによって最大6チャンネルで録画した時間の目安は、6TB:約120時間(約5日間)/ 4TB:約80時間(約3.3日間)/ 2TB:約40時間(約1.7日間)となります(※2)。

※1:タイムシフトマシンとは、テレビ本体に接続したハードディスクに録画予約なしで地デジ番組を最大6チャンネルまるごと予約できる全録機能です。録画できる時間は利用しているハードディスク容量によって異なります。
※2:実際の録画時間は機器や番組によって異なります。

おわりに タイムシフトマシンがあればテレビをより楽しめる

タイムシフトマシン機能を使いこなすことで、見たいテレビ番組を録画予約しなくても放送後に視聴できるようになります。好きな時間に見たかった番組や興味を持った番組を楽しめるため、テレビ番組の放送時間に生活のリズムを左右されることはありません。

普段録画予約を忘れがちな方や、番組の見逃しが多くお悩みの方、忙しくて見たい番組の放送時間に帰宅が間に合わない方などは、対応するテレビとHDDを準備のうえ、タイムシフトマシン機能を活用してみてはいかがでしょうか。

ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • ロジテックダイレクトが初めての方へ
  • datastorage-japan.com -Tips for data storage-Technical information provided by a Japanese manufacturer
  • 法人様向けユーザーナビ
  • ロジテックダイレクトおすすめのHDD
ページトップへ