ページ内を移動するためのリンクです。

ストレージとは?デバイスごとの空き容量の確認方法や増やし方の例を解説

ストレージとは?デバイスごとの空き容量の確認方法や増やし方の例を解説

スマホやパソコンを長く使用していると、「ストレージの空き容量が不足しています」などと表示されることがあります。また、ストレージとメモリ(RAM)の違いがよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。この記事ではストレージの概要をはじめ、メモリとの違いやストレージの容量が不足した際の対処法などをご紹介します。

ストレージとは?

ストレージとは、スマホやパソコン、ゲーム機といった各種デバイスにおいて、データを保存しておく場所を指します。HDDやSSD、USBメモリ、SDカード、光学ディスク、磁気テープなどが代表的なストレージです。デバイスに内蔵されている内部ストレージと、USBケーブルなどを使って外付けで接続して使用する外部ストレージに大きく分けられます。

また近年は、インターネットに接続してオンライン上のサーバーにデータを保管する、オンラインストレージ(クラウドストレージ)も多く利用されています。「Googleドライブ」や「iCloud」などがオンラインストレージの一例です。

勘違いしやすいストレージとメモリの違い

ストレージと間違えやすいものとして、同じ「MB」や「GB」という単位で容量を数える「メモリ(RAM・主記憶装置)」があります。

メモリとは、デバイスの動作に関わるデータ処理を行う作業領域のことです。作業用の机に例えられることもあり、容量が大きいほど快適にデバイスを使用できます。ただし、メモリはストレージと異なり短期的な保存しかできず、電源を落とすと保存されていたデータは消えてしまいます。

ストレージはメモリと比較して、処理速度は遅いものの容量が大きく、データを長期的に保存できる点が特長です。メモリと同様に例えるのであれば、ストレージは机の引き出しや収納用の箱ということができます。

ストレージ容量が足りなくなるとどうなる?

ストレージに保存できるデータの容量には限度があります。保存データが増えてストレージの空き容量が減ると、アプリの動きが遅くなる、ファイルを開けない、デバイスが再起動を繰り返すなどの不具合が発生することも多くなります。そのため、ストレージはできるだけ容量に余裕を持った状態で使用すると良いでしょう。

ストレージ容量を確認する方法

ストレージの空き容量がどのくらい残っているか確認する方法は、デバイスによって異なります。ここではパソコンの場合と、AndroidやiPhoneのスマートフォンの場合における確認方法をご紹介します。

パソコンの場合

パソコンの場合は、OSがWindowsかMacかによって確認方法が異なります。

【Windows10のストレージ確認方法】

  1. 画面左下の「スタートメニュー」を開き、歯車のアイコンをクリックする
  2. 「Windowsの設定」画面が表示されたら「システム」をクリックする
  3. 表示画面左側の「ストレージ」か「記憶域」をクリックすると、使用状況が確認できる

【Macのストレージ確認方法】

  1. 画面左上のApple(りんご)アイコンをクリックして、「このMacについて」を選択する
  2. 表示されたウィンドウのタブから「ストレージ」を選択すると、内部ストレージの使用状況と空き容量を確認できる

Androidの場合

Androidの場合は、機種やOSのバージョンにより表示が異なる場合がありますが、一般的には以下の方法で確認できます。端末によっては、使用中のmicroSDカードの空き容量についても同様の手順で確認可能です。

【Androidのストレージ確認方法】

  1. ホーム画面から「設定」アプリを開く
  2. 「ストレージ」をタップし、項目ごとに占有しているストレージの使用状況を確認する

iPhoneの場合

【iPhoneのストレージ確認方法】

  1. ホーム画面から「設定」をタップする
  2. 「一般」→「情報」→「iPhoneストレージ」の順にタップすると、ストレージの使用状況が表示される

ストレージの容量を増やす方法

ストレージの使用状況を確認し空き容量が少ないとわかった場合は、どのように空き容量を確保すればよいのでしょうか。ストレージの空き容量を増やす2つの方法をご紹介します。

不要なキャッシュやデータを削除する

デバイスの使用によって増えていくキャッシュデータを削除すると、空き容量を増やすことができます。キャッシュとは、アプリやブラウザを起動する際に、同じデータを読み込む時間を省略するために一時的に保存されるデータです。

ただし、キャッシュの削除によって増やせる空き容量はそこまで多くありません。使用していない保存データがある場合は、同時にそれらも削除することをおすすめします。

データを移動させる

スマホやパソコンの内部ストレージに保存済みのデータを、microSDカードや外付けHDD、USBメモリなどの外部ストレージへ移動させることでも、内部ストレージの容量を空けられます。

また、外部ストレージだけでなく、データバックアップの手段としてオンラインストレージを活用する方法もおすすめです。データの種類や使い方に応じて、外部ストレージとオンラインストレージを併用すれば、より安全にバックアップでき、同時に内部ストレージの空き容量を増やすことができます。

おわりに ストレージは空き容量を確保しておくと快適

スマホやパソコンのような各種デバイスで、データを長期間保存しておくための記憶装置がストレージです。ストレージの空き容量に余裕がなくなると、デバイス自体の動作に不具合が起こる場合もあります。快適にデバイスを動作させるためには、定期的に不要なデータを削除したり別のストレージにデータを移動させたりし、空き容量に一定の余裕を確保するようにしましょう。

おすすめ製品

ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • ロジテックダイレクトが初めての方へ
  • datastorage-japan.com -Tips for data storage-Technical information provided by a Japanese manufacturer
  • 法人様向けユーザーナビ
  • ロジテックダイレクトおすすめのHDD
ページトップへ