ページ内を移動するためのリンクです。

SSDはデータ復旧できる?データが消えてしまう原因や復旧方法をご紹介

SSDはデータ復旧できる?データが消えてしまう原因や復旧方法をご紹介

パソコンの内部記憶媒体として、HDDに代わって使われることが多くなってきたSSD。HDDと比較して読み書きを高速でおこなえる点や、小型・軽量で衝撃に強い点などから広く普及しつつあります。
SSDがHDDと大きく異なる点は、HDDが円盤状のディスクにデータを書き込む方式であるのに対し、SSDはメモリーチップにデータを書き込んでいくことです。HDDの欠点とされていたディスクの回転にともなう騒音や消費電力も、SSDでは抑えられるメリットがあります。
ただし、小型で衝撃に強いSSDとはいっても、データ消失などのトラブルを完全に防げるわけではありません。この記事ではSSD上のデータが読み取れなくなったり、データが消えてしまったりする事態の原因やその復旧方法についてご紹介します。

SSDのデータが消えてしまう原因

SSDに書き込まれたデータが読み取り不能になったりデータ消失を招いたりしてしまう原因としては、主に以下の3つが挙げられます。

■ SSDの論理的障害

SSDでデータが読み取れなくなる不具合の多くは、この「論理的障害」が原因であるとされています。SSDの論理的障害は、主にSSD上に保存されているデータ自体が破損して(壊れて)しまうことで発生します。

SSDをフォーマット(初期化)する操作を誤っておこなってしまったり、必要だったデータをうっかり削除してしまったりといった誤操作も原因の1つです。その他、OS(パソコンを動作させる大元のシステム)の不具合が発生し、その影響でSSDの内部データが破損してしまうケースもあります。

■ SSDの物理的障害

SSDに限らず、多くの記録メディアでトラブルの要因となるのが「物理的障害」です。パソコンを高い位置から落としてしまったり、水に濡らしてしまったりなどによる物理的な破損が原因となります。

また、SSDでは「書き込み回数の上限を超える」ことなどで、SSD自体の寿命が来てしまうことも考えられます。SSDはHDDとは異なり「フラッシュメモリ」を用いてデータの読み書きをおこなうという仕様上、書き込み可能な回数に上限があるためです。ただし、日常の一般的な使用頻度でデータの読み書きをおこなっている限りは、SSDは長期間使用できる記録媒体であるといわれています。

■ SSDのファームウェアの障害

SSDそのものに不具合がなくても、SSDの動作を制御するソフトウェアが障害を起こすことでデータの読み書きに支障をきたしてしまうのがファームウェアの障害です。ファームウェアに障害が発生すると容量の誤認識や、突然エラーメッセージが表示されるなどのさまざまな不具合が起こってしまいます。

SSDのデータ復旧は難しい?

SSDは小型ながら複雑な仕組みで動作しており、データの復旧が難しいメディアといわれています。精密性の高さはデータ復旧作業の難易度が上がることにもつながるため、基本的には「SSDのデータが読めなくなったら、復旧は簡単ではない」と考えておきましょう。

SSDのデータ復旧の方法は?

SSDのデータの復旧方法には、データ復旧専用のソフトで復旧を試みるか、データ復旧の専門業者へ依頼するかの2つの方法があります。ここでは、2つのSSDのデータ復旧方法それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

■ データ復旧用のソフトを使用する

SSDを誤ってフォーマット(初期化)してしまった場合や、SSDに入っているデータを誤って削除してしまったケースに有効な方法です。ただし、SSDの記憶容量確保のためにデータを自動削除する「Trim」というコマンドを有効化していると、復旧が困難になる可能性もあります。物理的な障害やファームウェアに障害が起こってしまった場合には、専用ソフトでデータ復旧をすることはまず難しいと考えられます。また、ソフトによってデータの復旧ができたとしても、そのデータを完全な状態まで復元できるとは限らないため注意が必要です。

■ SSDのデータ復旧専門業者に頼む

お金は多少かかってしまいますが、SSDのデータ復旧を専門におこなう業者に依頼すれば、あらゆる障害のケースでデータを復旧できる可能性があります。しかしこのケースでも、障害の原因や程度次第では復旧が困難なケースがあるので過信は禁物です。専門業者が復旧を試みた場合の成功率が高くて7〜8割程度といわれているので、復旧できない可能性も想定しておく必要があります。特に、MacBookなど個人レベルではSSDの換装が難しい機種の場合は、初めから専門業者を頼るほうが安心でしょう。もちろん、専門業者に依頼する場合には極力信頼できる業者を選ぶことが大切です。

まとめ SSDのデータはこまめにバックアップを

SSDは障害が発生した際のデータ復旧が難しい記憶媒体で、専門業者に依頼してもデータを完全に復旧できる保証はありません。日頃から定期的にほかの外付けストレージやクラウドストレージへデータのバックアップを取るなど、SSDのデータが消失してしまった際にも最小限の被害で済むように備えておくことが重要です。




自治体さま向けソリューション ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • 採用情報
  • 分かりやすく解説!HDD・SSD
  • 信頼性重視のビジネスに最適なHDD
  • ビジネスユーザーのためのHDD
ページトップへ