ページ内を移動するためのリンクです。

内蔵型SSDの選び方とは?ロジテック製のおすすめSSDもご紹介

内蔵型SSDの選び方とは?ロジテック製のおすすめSSDもご紹介

「パソコンの動作が重い」「ストレージの容量が足りない」。このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。そのような場合は、内蔵型SSDにストレージを換装する方法で対処するのがおすすめです。この記事では内蔵型SSDを選定するポイントと、ロジテック製の内蔵型SSDおすすめ商品についてご紹介します。

内蔵型SSDの選び方

パソコン用の内蔵型SSDを選ぶ際は、どのようなポイントに注意すると良いのでしょうか。ここでは、内蔵型SSDの選び方についてご紹介します。

容量

内蔵型SSDは、一般的に容量が大きくなるほど価格も上がる傾向にあります。そのため、用途に適した容量の内蔵型SSDを選ぶことが大切です。

Windows OSのパソコンを使用している場合、OSや必須ソフトだけでも20GB程度の容量が必要になります。また、それらのアップデートなども考慮すると、さらに必要な容量が増えるため、容量は余裕を持って選んでおくことが大切です。

OSを保存しておく「Cドライブ」として内蔵型SSDを利用する場合は、アップデートなどを踏まえて容量が128GB以上の製品を選ぶのがおすすめです。動画やゲームなどを保存するストレージとして利用する場合は、容量が500GB以上の製品を選ぶと良いでしょう。

接続方法やサイズ

SSDには「SATA」や「M.2」などの接続規格があります。ケーブルで本体につなぐものや、本体をマザーボードに直接接続するものなど、接続方法は規格によってさまざまで、読み書きの速度が異なる場合もあります。

またSSD本体のサイズも、「2.5インチ」や「mSATA」など規格によって異なるため、使用しているパソコンがどの規格に対応しているのかをあらかじめ確認しておきましょう。

耐久性

SSDは「NAND型フラッシュメモリ」という記憶素子にデータを保存しており、近年は大容量化できる「3D NANDフラッシュ」が採用されているケースが一般的です。

NAND型フラッシュメモリはSLC、MLC、TLCなどに細分化でき、それぞれ耐久性が異なります。一般的に耐久性が最も高いとされるのはSLCですが、SLCは高価格なため普段使いするのは現実的ではありません。価格と容量や耐久性のバランスが良いMLCやTLCを選ぶと良いでしょう。

ロジテック製おすすめの内蔵型SSD4選

ここでは、ロジテック製の内蔵型SSDのなかから4点のおすすめ商品についてご紹介します。選び方のポイントも踏まえつつ、内蔵型SSD選びの参考にしてみてください。

● 内蔵SSD 480GB 変換キット HDDケース・データ移行ソフト付

内蔵型HDDをSSDに換装するための変換キットです。環境移行ソフトが付属しているため、現在の環境をそのまま簡単に移行できます。パソコンから取り出したHDDを、付属のケースに入れると外付けHDDとして活用できるほか、換装せずに外付けSSDとして使用することもできます。また、PS4®・PS4®Proの換装用、PS4®・PS4®Proの外付けSSDとしても使用することができます。

● 内蔵SSD 2.5インチ SATA対応 480GB データ移行ソフト付

「SATA」を採用した2.5インチSSDです。環境移行ソフトが付属しているため、簡単に現在の環境を移行できます。また、ディスクをNTFS形式にフォーマット済みなので、ご自身でのフォーマットは不要、すぐに使用可能です。書き込み可能なデータ容量(TBW)は480GBの製品で425TBWと、書き込みと耐久性に優れる点も特徴です。ゲーマーやクリエイターなど、頻繁にデータを書き込むユーザーでも長く快適に使用できます。外部調査機関での品質評価も行っているため、安心して使える内蔵SSDです。

● DRAM搭載 内蔵SSD M.2 NVMe対応 512GB データ移行ソフト付

高速データ転送規格である「NVMe」に対応した内蔵型M.2 SSDです。DRAMを搭載しているため、読み出し速度最大3470MB/s、書き込み速度最大2750MB/sと従来のSATA接続の製品と比較して処理速度も格段に速くなります。また環境移行ソフトも付属しているため現在の環境を簡単に移行でき、ディスクもNTFS形式にフォーマット済みなので、すぐに使用することができます。書き込み可能なデータ容量(TBW)も、512GBの製品で800TBWと寿命が長く、高速なだけでなく高い耐久性も魅力な製品です。

● 内蔵SSD M.2 NVMe対応 512GB データ移行ソフト付

高速データ転送規格である「NVMe」に対応した内蔵型M.2 SSDで、読み出し速度最大1730MB/s、書き込み速度最大1560MB/sを誇ります。このSSDにも環境移行ソフトが付属しているため、現在の環境をそのまま移行することが可能です。ディスクはNTFS形式にフォーマット済みで、すぐに使える点もポイントです。書き込みできるデータ容量(TBW)は512GBの製品で400TBWと高い耐久性を持ち、長く安心して使えるSSDです。

まとめ 用途に合った内蔵型SSDを選ぼう

内蔵型SSDには、容量や接続方法などが異なる製品が数多くあります。内蔵型SSDは一度換装したら長く使うことを想定しているため、ご自身の用途に合った製品を選び、長期的に安心して使用できるようにしましょう。

※「PlayStation®4」「PS4®」は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
※その他記載されている会社名、製品名、システム名などは、各社の登録商標または商標です。




ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • 採用情報
  • 分かりやすく解説!HDD・SSD
  • 信頼性重視のビジネスに最適なHDD
  • ビジネスユーザーのためのHDD
ページトップへ