ページ内を移動するためのリンクです。

パソコンのデータ消去はなぜ必要?消去の具体的な方法や業者の選び方を解説

パソコンのデータ消去はなぜ必要?消去の具体的な方法や業者の選び方を解説

パソコンやハードディスクを古いものから新しいものへ買い替えたり廃棄したりする際は、パソコン内のデータ消去作業が必要です。データが残ったままの状態で廃棄すると、思わぬリスクにつながる可能性もあります。この記事では、パソコンのデータ消去がなぜ必要かを説明するとともに、データ消去の方法やデータ消去業者を選ぶ際の注意点についてもご紹介します。

パソコンのデータ消去が必要な理由

パソコンで保存したデータには、さまざまな情報が含まれています。例えば氏名や年齢、住所などの個人情報やクレジットカード番号、各種サービス利用時のパスワードや閲覧履歴、メールの内容などです。業務で利用しているパソコンの場合、ユーザーの個人情報に加えて顧客情報や企業の機密情報なども含まれるでしょう。

万が一それらの重要な情報を含んだデータが流出すれば、悪用されるリスクが発生します。そのような事態を回避するためにも、パソコンやハードディスクなどを廃棄する際には確実にデータ消去を実行しておくことが重要です。

パソコンの初期化ではデータ消去は不十分

パソコン内部のデータを消去する場合は、以下の作業を行うことが一般的です。

  • データを「ごみ箱」フォルダに捨ててから、ごみ箱フォルダを空にする
  • データを選択して「完全に削除」のコマンドを実行する
  • パソコンのフォーマット(初期化)を行う
  • 内部のデータをUSBメモリに移動させる

上記の作業を日常的に行っている方は多いのではないでしょうか。しかし、これらの作業を実行しても、データは画面上で見えなくなっただけでパソコンのストレージ内に残り続けます。市販されているデータ復元用のソフトを利用すれば、それらのデータは簡単に復元が可能です。そのため、パソコン内のデータを残さず完全に消去したい場合は、上記とは別の方法で作業を行う必要があります。

データを完全に消去する方法

パソコンに内蔵されているハードディスクを取り出して物理的に破壊すれば、データの読み込みができなくなります。パソコンが起動しない、ハードディスクを読み取ることができないといった不具合がある場合でも、データを完全消去できる方法です。

ただし、ハードディスク内部の記録面を確実に破壊しなければ簡単にデータを読み取れてしまいます。また、金槌やハンマーで叩いて壊す場合はディスクを守っているガラスが飛び散るなどの危険も伴います。個人では記録面を破壊しきれない場合が多いので、ハードディスク破壊機など、専用の機器を使用して安全・確実な手段でハードディスクを破壊することがおすすめです。

特に、企業・法人で使用していたパソコンには、漏えいによって多大な損害を招きかねない重要な情報も数多く含まれています。それらのデータを第三者に見られないよう完全に消去するには、専門業者によるサービスを利用する方法が無難です。

ロジテックでも、確実にハードディスクを破壊してデータ消去を行うサービスを取り扱っています。

業者にデータ消去を頼む場合の注意点

パソコン内部のデータ消去は、メーカーや専門業者・リサイクル業者などに依頼するのが一般的です。ここでは、それらの業者にデータ消去を頼む際の注意点をご紹介します。

どのような方法でデータ消去がされているか

専門業者で行われているデータ消去の方法は、主に以下の3通りです。

  • 専用ソフトを使用してデータを完全消去する
  • 物理的にディスク部分を破壊してデータ消去する
  • 専用の機械で磁力を当てて完全にディスクの読み取りをできなくする「磁気消去」

作業の依頼を検討している業者が、どのような方法でデータを消去しているのかも事前に確認しておく必要があります。データ消去用のフリーソフトを使用している業者の場合、データを消去しきれていない可能性が高いため避けたほうがよいでしょう。

データが本当に消去されているのか不安という場合は、データ消去の証明書をもらうか、物理破壊によるデータの完全消去を確認することができる業者を選ぶと安心です。特に、マイナンバー情報が入ったパソコンのデータ消去を行う場合には、データ消去の証明書を発行してもらえるかについても確認が必要です。

ロジテックでは、サービス完了時に、完全に消去した事を証明する「データ消去作業完了証明書」を発行することができます。

まとめ パソコンのデータ消去は確実に行うようにしよう

パソコンの内部データは、個人情報をはじめとした多くの重要な情報が含まれるものです。データを完全に消去しない状態で安易にパソコンを処分すると、内部データの復元により情報の流出が起こったり、データを悪用されたりする可能性もあります。パソコンを廃棄する際には確実にデータ消去を行い、正しい方法でパソコンやハードディスクを処分するようにしましょう。

ハードディスクの導入から処分までトータルサポート

自治体さまに向けたハードディスクソリューションサービスです。




ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • 採用情報
  • 分かりやすく解説!HDD・SSD
  • 信頼性重視のビジネスに最適なHDD
  • ビジネスユーザーのためのHDD
ページトップへ