ページ内を移動するためのリンクです。

そもそもSSD・HDDの違いってなに? PCを選ぶ際にも気をつけたいストレージの種類

PCの利用上必須となっている「データ保存」。PCには必ずデータを保存するために内蔵ストレージと呼ばれる領域が存在していて、OSなどのPCの根幹に関わるプログラムから、PC上で動作させる様々なソフトも、それら全てが内蔵ストレージに保存されています。そのため、内蔵ストレージの性能がPCの動作を左右する局面も多いです。
以前は内蔵ストレージは「HDD」が主流でしたが、近年では「SSD」が搭載されたPCも増えてきており、自分に適したPCを選択するためにはこれらSSD・HDDの違いを理解することも大切になっています。ここでは、基本的なSSDとHDDの違いについてご紹介します。

HDDとは?

HDDはHard Disk Drive(ハードディスクドライブ)の略で、データやプログラムなどを電磁的に書き込んだり読み出したりする記憶装置です。
HDDの構造は、中にデータを記録するプラッタと呼ばれる磁性体が塗られた円盤が複数入っていて、磁気ヘッドで書き込み・読み出しをする仕組みになっています。
プラッタは高速で回転しているので、回転中に大きな衝撃が加わると、プラッタとヘッドが接触するなどして破損やデータ消失等、動作不良の原因となることがあります。

HDDの利点

  • SSDと較べて1ドライブで保存できるデータ量が大きい
  • 「容量単価」としては安価になる

HDDの弱点

  • 構造的に衝撃に弱い
  • 消費電力が比較的大きい

SSDとは?

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、HDDと同様の記憶装置です。半導体素子メモリを使ったドライブ(記憶媒体)のことを指します。
大容量のデータを保管しておく媒体としては長年HDDが使われてきましたが、近年、SSDの容量が大きくなってきたこともあり、急速に普及しつつあります。SSDは使い方や用途はHDDと全く一緒ですが、以下のような利点と弱点があります。

SSDの利点

  • 衝撃に強く、発熱、消費電力が少ない
  • 読み書きの速度が非常に速い
  • 作動音がない
  • HDDよりサイズが小さく、軽い
  • 形状が様々で、PCの小型化に寄与している

SSDの弱点

  • 容量が少ない
  • まだまだ容量単価としての価格は高い
  • 突然故障してデータの読み出しができなくなることがあり、データの救出が困難

SSDはノートPCに適しており、近年のPCでは比較的多く採用されています。消費電力が少なくバッテリーの持ちがよいうえ、発熱も少なくて済みます。

機械駆動式だから、HDDは徐々に壊れていく

ハードディスクの稼働中に衝撃を与えることは禁物です。磁気ヘッドは衝撃(加速度)が加わった瞬間、その反動で一時的に大きくプラッターから離れますが、次の瞬間にはバネ反動によって、プラッターに叩きつけられてしまい、プラッターの表面に薄くコーティングされている磁性体に傷が付き、その一部がプラッターから剥がれ落ちます。そのエリアは「不良セクター」と呼ばれる状態になります。
怖いのは、「不良セクター」が存在してもHDDは稼働することができる点です。そのままハードディスクの稼働を続けると、より深刻な「ヘッド損傷」の原因となります。物理的に破損した箇所にアクセスするたびに磁気ヘッドにもダメージが加わり、さらに破損が進行していきます。その結果、「パソコンなどから全く認識しない」「異音が出続ける」といった最悪の状態に陥ります。
ですので、HDDを定期的に検査し、不良セクタが増えてきた際は、早期に新しいデータストレージに保存し直すことを推奨します。

SSDには寿命がある?

SSDの転送速度はHDDと比較すると非常に高速です。SSDの転送速度が速い大きな理由としては、機械的な待ち時間が存在しないことが挙げられます。HDDはどうしても、目的のトラックまでヘッドを移動させる「シーク時間」と、そのトラック上で目的のセクターが来るまで待つ「回転待ち」時間に数十ミリ秒〜百数十ミリ単位の時間を要します。これがSSDとHDDの速度差を感じさせる大きな原因の1つです。
そんな高速データ転送が可能なSSDですが、実は「書き換え寿命」が存在します。
SSDに用いられている「フラッシュメモリ」のデータを記録する最小単位をセルと呼びますが、このセルは徐々に劣化を起こします。一般的な「NANDフラッシュメモリ」の場合、セルはおよそ1千〜1万回程度の書き込みと消去で寿命に達します。 毎日頻繁に大量のデータを書き換える場合などはHDDを選択しましょう。

まとめ

HDDとSSDについて説明しました。これらはデータを保存する場所としての用途は同じですが、構造や特徴に大きな違いがあります。容量や価格、適している用途も違うので、それぞれの特徴をよく理解した上で目的に合ったものを購入して使用しましょう。新しくPCを購入する際も、内蔵ストレージがどちらのタイプなのかを確認すると良いでしょう。

ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • 法人様向けユーザーナビ
  •  USBメモリ 32GB USB3.1 Gen1(USB3.0) ホワイト
  • HDDケース(ハードディスクケース) 3.5インチ USB3.1(Gen1)
  • 外付けHDD ポータブル 1TB USB3.1(Gen1)
ページトップへ