ページ内を移動するためのリンクです。

SSDをゲーム用ストレージにするメリットとは?選ぶ際の注意点や家庭用ゲーム機での使い方もご紹介

SSDをゲーム用ストレージにするメリットとは?選ぶ際の注意点や家庭用ゲーム機での使い方もご紹介

最近では、ゲームソフトの大容量化が進んでいます。ゲームタイトルの数が増えたりダウンロードコンテンツを利用した場合には、純正のストレージでは容量が足りなくなることもあります。その際はストレージを換装するか、外付けSSDを使用する必要があります。特にゲーム保存用で使用しているストレージを換装する場合は、HDDではなくSSDを選ぶのがおすすめです。この記事では、SSDをゲーム用ストレージにするメリットや選ぶ際の注意点、家庭用ゲーム機での使い方などについてご紹介します。

SSDをゲーム用ストレージにするメリット

SSDをゲーム用ストレージにすることで、ゲームプレイにおいてどのような利点があるのでしょうか。ここでは、SSDをゲーム用ストレージとして使用するメリットをご紹介します。

ゲームのロード速度が上がる

HDDは「プラッター」と呼ばれる円盤状の部品を回転させることで、データの読み書きを行います。一方で、SSDは物理的に駆動する部品がなく、その分データの読み込み速度が向上するため、ゲーム開始時の起動時間やマップなどの読み込み時間を短縮できる可能性があります。しかし、ゲームタイトルなどにもよるため、どんなゲームでもロードが速くなるとは限らないので注意が必要です。

発熱量が少ない

先にも述べた通り、SSDはHDDと異なり物理的な駆動部品がないため、HDDに比べ静音性が高く発熱量も抑えられます。高性能なゲーミングパソコンやゲーム機の冷却量、消費電量を削減できるので、動作に悪影響を及ぼす可能性も低いです。

ゲーム用SSDを選ぶ際の注意点

ゲーム用SSDを選ぶ際は、どのような点に注意すればよいのでしょうか。ここでは、SSDをゲーム用に選ぶ際に確認すべきポイントをご紹介します。

SSDの容量

最近のゲームはデータの大容量化が進んでおり、大型タイトルとなると1作品で50GBを超えるもことも少なくありません。データを保存した後もバグ修正や新コンテンツなどのアップデートがあることを考慮すると、さらに空き容量が必要です。特に大型タイトルのゲームを複数SSDに保存することを考えている場合は、1TB以上の容量があるSSDを選ぶことをおすすめします。また、ゲームデータと同様、アップデートでディスク容量を圧迫することが多いOSとは保存先ストレージを分けるなど、同じディスクに保存しないようにする工夫も必要です。

ゲームそのものが快適になるわけではない

SSDに換装すればデータの読み込み時間を短縮できる可能性は高いですが、ゲームプレイ自体に大きな影響があるわけではありません。

ゲームそのもののパフォーマンスや快適性に影響するのは、CPUやメモリやグラフィックボード(ビデオカード)です。特にパソコンでゲームがきちんと動作しない場合は、SSDを換えるより先にグラフィックボードなどの換装を視野に入れる必要があります。

家庭用ゲーム機でSSDを使うことはできる?

パソコンはSSDの換装が可能ですが、家庭用ゲーム機はSSDに換装したり、外付けSSDを接続したりして使用できるのでしょうか。ここでは、メジャーなコンシューマー向けゲーム機を例に、それらのSSD換装について解説します。

PS4®・PS4® Pro

PS4®とその上位モデルであるPS4® Proのいずれも、SSDの換装および外付けに対応しています。内蔵ストレージにインストールしたゲームも、外付けSSDへ簡単にデータを移すことが可能です。
※外付けSSDとして使用する場合、USB3.0対応かつ容量が250GB以上、8TB以下であることが条件になります。

どちらも内蔵されているストレージはHDDなので、SSDを導入することでデータをロードする時間の短縮が見込めます。なお、PS4®、PS4® Proともに内部ストレージの接続方式としてSATAを採用しているため、SSDに換装する場合はSATA接続のものを選ぶ必要があります。
※内蔵HDDを内蔵SSDへ換装する場合、厚さ9.5mm以下で容量160GB以上の2.5インチタイプSSDであることが条件になります。

Xbox One

Xbox Oneはストレージの換装をメーカーが認めていないため、SSDを利用したい場合には外付けタイプを選ぶ必要があります。また、「USB3.0対応かつ容量256GB以上」という条件を満たしていないとゲームデータを保存できないため注意しましょう。

ロジテックのPS4®・PS4® Pro、Xbox One対応おすすめSSD

● ロジテック 高耐久 USB3.1(Gen1)/USB3.0 ポータブルSSD 480GB

上記のSSDは薄さ15oとコンパクトながら耐衝撃、耐振動性能を備えた高耐久モデルになります。ケース表面には「武蔵塗料社製」のラバー塗装を2層施し、傷・すれ・剥がれにも強いのが特徴です。ロジテックSSDツール(イレイサ/フォルダミラーリングツール)を無償ダウンロードでき、情報漏洩の防止やバックアップデータの保存にもしっかり対応しています。
⇒商品詳細はこちら

Nintendo Switch

Nintendo Switchは、SSDではなくmicroSDカードをスロットに差し込んでストレージを増やすタイプのゲーム機です。microSDカードを使用する際は、インターネットに接続して本体の更新を行う必要があるため注意しましょう。

ゲームデータの容量などを考慮すると、microSDカードは64GB以上の容量があるものを選ぶことをおすすめします。

ロジテックのNintendo Switch対応おすすめmicroSDカード

● ロジテック MLC採用高耐久microSDメモリーカード 64GB

上記のmicroSDカードはMLCフラッシュ採用で耐久性が高く、高温もしくは低温の環境下でも高い動作性を発揮します。UHSスピードクラスはclass3とデータ処理の高速性も優秀で、快適にゲームをプレイすることが可能です。
⇒商品詳細はこちら

まとめ SSDを活用してゲームをより快適に楽しもう

内蔵ストレージをSSDに換装したり、外付けSSDを接続して使用したりすることで、ゲームデータの保存容量を増やしたりロード時間を短縮したりなど、さまざまなメリットがあります。SSDを上手に活用して、より快適にゲームを楽しみましょう。

ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • 採用情報
  • 法人様向けユーザーナビ
  • ロジテック 高耐久 外付けSSD ポータブル 240GB USB3.1 Gen1
  • ロジテック 高耐久 外付けSSD ポータブル 240GB USB3.1 Gen1
ページトップへ