ページ内を移動するためのリンクです。

USB給電の基礎知識!上手にUSB給電を活用する方法とは

USB給電の基礎知識!より上手にUSB給電を活用する方法とは

スマートフォンの充電やデータ転送に用いられるケーブルといえば、USBが一般的です。スマートフォン以外でもゲーム機やタブレットなど、USBケーブルを利用した充電はさまざまな場面で採用されています。この記事では、USB給電を上手に活用する方法についてご紹介します。

USB給電の基礎知識

USBのおもな機能には電力供給を行う「給電」と、機器間でデータのやり取りを行う「データ転送」があります。USBによる給電にはいくつかの方法や規格がありますが、ここではパソコンを使用したUSB給電と、給電の新規格「USB Power Delivery(USB PD)」についてご説明します。

パソコンのポートにUSB接続するだけで給電が可能

USBで行われる給電は「USBバスパワー」と呼ばれる仕様によって行われます。これは、パソコン本体にUSBケーブルを介して接続することで、さまざまなデバイスの動作や充電を、電源コードや電池を使用することなく行えるものです。

ちなみに、USB1.1や2.0規格では電流500mA、電圧5V、電力2.5Wの供給が行え、USB3.0規格になると、電流900mA、電圧5V、電力4.5Wまで供給できます。さらに高速充電を実現する仕様である「USB Battery Charging規格(USB BC)」に対応している場合は、電流1.5A、電圧5V、電力7.5Wまでの電力供給が可能です。

また、スマートフォンやタブレット端末といった製品をパソコンに、データ転送用のUSBケーブルを使用して接続を行う場合、充電を行うと同時にデータの送受信も行える仕様となっています。

より高速に給電したい場合はUSB PDがおすすめ

2012年から新たに登場したUSBの給電規格が「USB PD」です。この規格においては、USBコネクタにType-Cを使用する必要がありますが、1本のUSBケーブルで最大100Wまでの電力供給に対応しています。これにより、ノートパソコンなどのような多くの電力を必要とするデバイスへの電力供給も可能となりました。

また、USB Type-CコネクタはCCという信号ラインを持っており、充電器などの電力供給側と接続デバイスの双方が対応している場合には急速充電を行えます。

従来の製品においては、電圧差やコネクタ形状の都合で複数のACアダプタを用いる必要がありました。しかしUSB PDでは、5V、9V、15V、20Vと4つの電圧に対応しているため、同じアダプタで複数の異なる機器への給電も可能です。場合によっては、機器に応じていくつもコンセントに接続していたACアダプタや電源コードの数を減らすことができます。

パソコンの電源が切れていてもUSB給電ができる

電源の入っているパソコンに接続することで周辺機器への給電が行えるUSBバスパワーですが、実は設定の変更によって「パソコンの電源が切れている状態」でも給電が可能となる場合があります。ここでは、パソコンの電源が切れていてもUSB給電を可能にするための設定方法を、Windows10を例にご紹介します。

Windows10における設定の手順

画面左下の「スタート」アイコンを右クリックし、メニューから「電源オプション」をクリックします。
「電源とスリープ」というメニューが表示されるので、そこから「関連設定」の「電源の追加設定」をクリックします。
「電源の追加設定」をクリックすると「電源オプション」のウインドウが表示されるので、「電源プランの選択またはカスタマイズ」欄にある「プラン設定の変更」をクリックします。
プラン設定の編集画面が開いたら「詳細な電源設定の変更」を選択し、オプション画面を開きます。
「USB設定」→「USBのセレクティブ サスペンドの設定」をダブルクリックし、開いた設定を「無効」に変更して完了です。

お使いのパソコンで外付けHDDを使用中の場合には、「電源オプション」画面から「ハードディスク」の設定変更も同時に行っておくと良いでしょう。基本的にはこの手順でUSBの設定変更が行えますが、製品やソフトウェアによってはこの設定を行っても給電できない場合があります。また、この設定に加えBIOSの設定変更が必要となる場合もあるため注意が必要です。

パソコンから給電を行う際の注意点

コンセントや充電器経由での給電と異なり、パソコンからスマートフォンなどのデバイスに給電する場合、ASRock(アスロック)やASUS(エイスース)などの一部のマザーボード製品を除いて、基本的には充電器からのような急速充電は行えません。

また、最近ではスマートフォンやタブレットなどを始め、USB接続による給電を利用する製品が急速に増えており、機器を接続するUSBポートが不足するため、USBハブが必要になる機会も多いと想定されます。このような場合においては、そもそもの供給電力が不足しないよう気を付けることが大切です。

まとめ USB給電を上手に活用しよう

「USB Type-C」や「USB PD」など新たな規格が近年登場したことで、USB接続を利用した給電はますます便利になり、さらに普及していくことが考えられます。「パソコン接続で充電すると速度が遅い」というイメージをお持ちの方も多いでしょうが、現在ではパソコンによっては充電器と変わらない速度で急速充電を行える場合もあります。設定などを確認し、お持ちのパソコンで対応できるUSB規格について調べてみると、より便利にUSBを活用できるでしょう。




ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • 採用情報
  • 分かりやすく解説!HDD・SSD
  • 信頼性重視のビジネスに最適なHDD
  • ビジネスユーザーのためのHDD
ページトップへ