ページ内を移動するためのリンクです。

外付けHDD(ハードディスク)を買うよりおすすめ?HDDケース選びのポイント

外付けHDD(ハードディスク)を買うよりおすすめ?HDDケース選びのポイント

PC本体に内蔵することを前提に設計されているHDD(ハードディスク)を「内蔵HDD」「ベアドライブ」などと呼びます。「HDDケース」(ハードディスクケース)とは、内蔵HDDを収納できるケースのこと。USBケーブルなどでPCに接続することで、内蔵HDDを外付HDDとして利用することができるようになります。今回はHDDケースを利用するメリットを解説するとともに、種類の違いや選び方などを紹介します。

HDDケースの必要性

また、新しいHDDへの交換は、容量の増大や読み書き速度の向上を実現できるというメリットももたらします。PCの動作はHDDの読み書き速度に大きく左右されるため、高速なHDDに交換することで、PC全体の動作スピードの改善が期待できます。

また、使わなくなったPCがあるなら、そのPCから内蔵HDDだけを取り出し、HDDケースに収納することで、外付けHDDを自分で作り上げることも可能。どちらにせよ低コストで、PCの保存容量を拡大できるわけです。

HDDケースの種類と選び方

HDDケースを選ぶときに重要なのは、「内蔵HDDとHDDケースの接続規格」と「PCに接続する端子の種類」です。接続規格には「IDE」と「SATA」の2種類があり、内蔵HDDとHDDケースの接続規格が異なると、使用することができません。HDDケースを購入する際には、収納したい内蔵HDDがIDEなのかSATAなのかを見極め、それに対応するHDDケースを選ぶ必要があります。

ただし、十数年前から「SATA」が主流の規格になっているので、ほとんどの場合はSATA対応のHDDケースを選ぶといいでしょう。それ以上前の古いHDDを利用する場合には、IDEの可能性があるので、使用するHDDのメーカーWebサイトを確認したり、型番で検索したりして、規格を確認する必要があります。外見上は、金属製のピンが2列で20本、もしくは22本並んでいるのがIDE端子です。

PCに接続する端子には、「USB2.0」「USB3.1 Gen1(USB3.0)」「eSATA」といった種類があります。接続したいPCの端子に対応したHDDケースを選びましょう。「USB3.1 Gen1(USB3.0)」「eSATA」は転送速度が速いため、データの読み書きを高速に行えます。

なお、同じく記憶装置であるSSD(ソリッドステートドライブ)には、内蔵HDDと同じ形状をしている製品があるため、HDDケースに収納してPCに外付けすることが可能です。その場合には、SSDへの対応が明記されたHDDケースを選べばより安心です。

■ ケースタイプと差し込みタイプの2種類

HDDケースは、内蔵HDDを収納する方法によって、「ケースタイプ」と「差し込みタイプ」の2種類に分けられます。ケースタイプは、内蔵HDDを箱型のケースに収納するタイプ。HDD全体が覆われるため、カバンなどに入れて持ち運ぶ用途に適しています。また、内蔵ファンでHDDの過熱を防いでくれる製品もあります。

差し込みタイプは、机上に置かれたベース部分(クレードル)に、上から内蔵HDDを差し込むタイプ。ちょうど、コードレスホンの子機を充電するようなイメージです。すばやく簡単に着脱できるため、複数の内蔵HDDを差し替えながら使うような用途に適しています。

なお、ケースタイプと差し込みタイプのどちらについても、1台だけ装着できるタイプと、2台〜8台など、複数台を同時に装着できるタイプとがあります。

■ HDDケースには3.5インチと2.5インチ用がある

内蔵HDDには「3.5インチ」と「2.5インチ」という2種類の大きさがあります。3.5インチはおもにデスクトップPC用、2.5インチはおもにノートPCや省スペース型デスクトップPCに内蔵するのに使われています。そのため、HDDケースにも「3.5インチ用」と「2.5インチ用」の2種類があります。利用したい内蔵HDDの大きさに合ったHDDケースを選びましょう。

■ 家庭で使えるNAS

家庭やオフィスなどで、複数のPCにHDDを外付けしたい場合、本来はPCごとにHDDケースを用意して接続する必要があります。または、ひとつのHDDケースをあちこちのPCに繋ぎ替えながら使う必要があり、とても面倒です。

そのような場合に便利なのが「NAS」機能を持ったHDDケース。NASはPC本体にではなく、LANケーブルでルーターに接続します。すると、同じLAN内(Wi-Fi接続でも可)のすべてのPCから、そのHDDを読み書きできるようになるのです。

LAN端子で接続するため、前述のようにUSBやeSATAといった接続端子の形状を気にする必要もありません。データの読み書きをLAN経由で行うことになるため、ギガビットLANなどに対応した高速なルーターを使用するといいでしょう。また、複数人や複数のPCで利用することを想定するなら、数TBといったなるべく容量の大きな製品を選ぶと快適に利用できます。

■ プラスαの機能にも注目

HDDケースには、「内蔵HDDをPCに外付けする」以外の機能を備えた製品もあります。たとえばRAID機能を持ったHDDケース。複数のHDDを内蔵し、高速に読み書きするストライピングや、常にバックアップを保持するミラーリングといった機能を使うことができます。

また、2台のHDDやSSDを接続し、PCなしで丸ごとコピーを行う「クローン」機能を持った機種もあります。動作が不安定になってしまったHDDの内容を新品のHDDに移し替えたり、HDDからSSDにデータを丸ごとコピーして換装したりすることができるのです。

まとめ データの使用量や必要な機能によって選ぼう

HDDケースには様々な種類があります。その中から適切な製品を選ぶには、「使用する内蔵HDDとHDDケースの接続規格を適合させる」「HDDケースとPCの接続規格を確認・検討する」ことから始めましょう。

さらに、必要となる容量や使用スタイルに応じて、収納できるHDDの個数、「ケースタイプ」か「クレードルタイプ」かを選びます。そして最後に、複数台のPCで使うならNAS、HDD/SSDの丸ごとコピーをしたければクローン機能を持った製品などといった形で、目的に合った付加機能を持ったタイプも検討するといいでしょう。

■ おすすめ製品

●『LHR-4BNHEU3』
4BAY外付ハードディスクケース

2種類の高速インターフェース(USB3.0/eSATA)を搭載。3.5インチSATA3(6Gbps)対応の高速ハードディスクを最大で4台装着することが可能です。「自動冷却FANコントロール機能」搭載により内部温度を最適に保ちます。

●『LHR-EKWU3BK』
3.5インチ外付けハードディスクケース

USB3.1 Gen1(USB 3.0)に対応。放熱性に優れ、また堅牢性も持ち合せたアルミボディを採用。静音性に配慮したファンレス設計です。




ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

ページトップへ