ページ内を移動するためのリンクです。

パソコンがDVDドライブを認識しない?内蔵型と外付けの対処方法をそれぞれご紹介

DVDドライブがディスクを読み込まない!その原因と対処法とは?

パソコンがDVDドライブを認識しなくなった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。いざという時のために、ご自身である程度対処できる方法を知っておくと安心です。そこで今回は、パソコンがDVD・CDなどの光学ドライブを認識しない場合の対処方法について、内蔵型のDVDドライブの場合とUSB接続の外付けドライブの場合とに分けてご紹介します。

内蔵型のDVDドライブを認識しない場合の対処方法

内蔵型のDVDドライブはデスクトップ型パソコンに標準で搭載されていることが多いです。ここでは、内蔵型のDVDドライブがパソコンで認識できなくなった時の対処方法についてご紹介します。使用しているOSによって手順に若干の違いが出る場合もありますが、この記事ではWindows10を例に挙げて解説します。

■ ドライバーを更新またはインストールし直してみる

最初にご紹介するのは、パソコンがDVDドライブを動作させるためのドライバーを更新するか再インストールする方法です。ドライバーのバージョンを更新する場合は、「DVD/CD-ROMドライブ」にある光学ドライブ名を右クリックし「ドライバーの更新」をクリックしたら、「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」を選択してください。その後は、画面の指示に従って操作しましょう。

ドライバーを再インストールする手順は、まずWindowsスタートメニューを右クリックして「デバイスマネージャー」をクリックするか、「検索」に「デバイスマネージャー」と入力して表示させます。次に「DVD/CD-ROMドライブ」をダブルクリックし、対象の光学ドライブのデバイスをアンインストールしてください。その後パソコンを再起動することで、ドライバーが再インストールされます。

■ BIOSでドライブが認識されているかを確認する

「BIOS」とはCPUやマウスなどの制御を行うプログラムのことで、パソコンの根幹となるソフトウェアです。BIOSを起動させる方法はパソコンによって異なるため、取扱説明書などで確認してください。

BIOSを起動させた際に、各デバイスを表示する画面に該当のDVDドライブが表示されていなかった場合、ハードウェアに問題がある可能性があります。この場合はケーブル接続を見直すことで正常に認識される場合もありますが、ケーブルが正しく接続されているかを判断できる自信がないという方も少なくないでしょう。デスクトップ型はノートパソコンのように簡単に分解やケーブル接続が行えないこともあります。そのような場合にはサポートセンターや修理業者に依頼するのが確実です。

■ レジストリを修正する

まずWindowsスタートメニューを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択し、「regedit」と打ち込み、管理者要求の許可を選択します。次にナビゲーションウィンドウから、以下の順に階層を選択してください。
「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SYSTEM」→「CurrentControlSet」→「Control」→「Class」→「{4D36E965-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}」
階層にあるファイルを確認し「UpperFilters」と「LowerFilters」の2個のファイルを削除してからパソコンを再起動することで、ドライバーを認識することがあります。

上記の操作をする場合、レジストリを誤って変更してしまうとパソコンに不具合が起こる可能性があるため、操作前にレジストリのバックアップを取っておくなど細心の注意が必要です。また、この操作を実行することでインストールしたアプリが正常に動作しなくなる場合もありますが、その場合は該当するアプリの再インストールを行ってください。

■ パソコンのリカバリー処理を行う

レジストリを修正してもドライブが認識されない場合はパソコンのリカバリー処理を行い、Windows全体を初期化する方法があります。この方法ではパソコン上の保存データなどが消えてしまう恐れがあるため、あらかじめバックアップを取るようにしてください。これを行ってもドライブが認識されなければ故障している可能性が高いので、サポートセンターや修理業者に問い合わせる必要があります。

外付けドライブを認識しない場合の対処方法

小型のノートパソコンやApple社のパソコン(Mac)では光学ドライブを内蔵していない機種も増えており、外付けドライブを使っている方も多いでしょう。ここでは、外付けドライブが認識されなくなった場合の対処方法をご紹介します。

■ ドライバーをインストールし直してみる

内蔵型と同様に、まずドライバーの再インストールを試してみてください。「デバイスマネージャー」の画面を開いてドライバーをいったん削除し、次にドライブのUSBコネクタを接続しなおすことで、ドライバーの再インストールが行われます。

■ USBケーブルを再接続してみる

外付けドライブの場合に考えられるのが、接続しているUSBポートとの接触不良や、ポート自体に問題がある可能性です。その場合は別のUSBポートに差し替えることで改善する場合もあります。USBハブなどを使って接続している場合は、パソコンのUSBポートに外付けドライブを直接接続してください。また、外付けドライブへの電力供給不足が原因で認識されない可能性もあるため、電力供給用ACアダプターなどを別途使用するか、製品に付属している専用ケーブルの使用で改善する場合もあります。

■ 常駐ソフトを無効化してみる

パソコンの常駐ソフトが影響し、外付けドライブが正常に認識されなくなっている場合も考えられるので、常駐ソフトの無効化やアンインストールを行ってみてください。これらの対処方法を試しても外付けドライブが認識されなければ故障の可能性もあるため、サポートセンターや修理業者に点検や修理を依頼しましょう。

まとめ DVDドライブを認識しなくなったら、まずはドライバーの確認を

この記事でご紹介してきたように、パソコンがDVDドライブを認識しなくなった場合、ドライバーの再インストールを試してみることで解決することも少なくありません。ただしディスクドライブそのものの故障が原因であることも考えられ、すべてが解決するわけではないことに留意する必要はありますが、サポートセンターや修理業者に頼む前に一度ドライバーを確認してみましょう。




ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • datastorage-japan.com -Tips for data storage-Technical information provided by a Japanese manufacturer
  • 分かりやすく解説!HDD・SSD
  • 信頼性重視のビジネスに最適なHDD
  • ビジネスユーザーのためのHDD
ページトップへ