ページ内を移動するためのリンクです。

古いノートパソコンもSSDに換装することで快適に!方法と注意点などを解説

古いノートパソコンもSSDに換装することで快適に!方法と注意点などを解説

古いノートパソコンを使っていて、そろそろ新しいものに買い替えを検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。もし古いパソコンのストレージがHDDの場合、SSDに換装するだけでパソコンの動作をある程度改善できる可能性があるため、試してみるのもおすすめです。この記事では、古いノートパソコンのストレージをSSDに換装するメリットや具体的な方法、注意点などをご紹介します。

古いノートパソコンのストレージをSSDにするメリット

古いノートパソコンのストレージをHDDからSSDに換装することで、具体的に何を改善できるのでしょうか。ここでは、パソコンのストレージをSSDに換装するメリットをご紹介します。

パソコンの起動速度やデータの読み込みが改善する

SSDはフラッシュメモリを使用しているので、磁気ディスクであるHDDよりもデータにアクセスする時間が速いです。SSDに換装することで、OSやアプリケーションの起動、データの読み込が高速化できる可能性があります。

静音で衝撃にも強くなる

SSDには物理的な駆動部品がないため、動作中も駆動音が気になりません。同様の理由からHDDよりも衝撃に強いため、持ち運ぶ機会が多いことも考えられるノートパソコンのストレージとして最適です。

SSDに換装する際に必要なもの

古いノートパソコンのストレージをHDDからSSDに換装する際には、道具やソフトを揃えなければいけません。具体的には、以下のものが必要です。

  • 2.5インチでSATA接続のSSD
  • SSDを搭載できる外付けドライブケース
  • データクローン用のデータ移行ソフト
  • ドライバなどの工具

データクローン用のソフトは、SSDに付属しているものがもっとも安心です。SSDにソフトが付属していない場合は、信頼性の高いフリーソフトを選んで使うのも良いでしょう。

ノートパソコンにSSDを取り付ける方法

実際にノートパソコンにSSDを取り付けるには、どのような作業が必要になるのでしょうか。ここでは、ノートパソコンにSSDを換装する手順をご紹介します。

HDDのデータをSSDにデータ移行する

先に外付けドライブケースにSSDを装着したら、USBケーブルでパソコンとSSDを接続します。接続したSSDをフォーマット(初期化)してから、データデータ移行ソフトを起動し、HDDのデータをSSDにクローンしましょう。

ただし、HDDのパーティション規格や使用状態によってはクローンを実行できない可能性があります。そのような事態に備え、クローン作業を実行する前にはHDDのデータをバックアップしておくと良いでしょう。

HDDを取り出し、SSDに取り換える

クローンが終わり、SSDにデータを移動したら、ノートパソコンの内蔵HDDを取り出します。取り出し方やHDDがある場所はパソコンの機種によって異なるため、あらかじめ調べておきましょう。HDDを取り外したら、そこにSSDを取り付けます。なお、この作業を行う際には、ACアダプターやバッテリーを外しておく必要があります。通電したままで作業すると、ノートパソコンが壊れる可能性もあり危険です。

パソコンが起動するかどうかを確認する

SSDの装着が完了したら電源を入れ、パソコンが正常に起動するか確認します。稀に、特定のドライバが動作しないなどのトラブルが起こることも考えられますが、そのような場合はドライバを更新する方法などで対処してみましょう。

古いノートパソコンにSSDを取り付ける際の注意点

古いパソコンでも動作が改善でき、駆動音が静かになるなど、ストレージをSSDに換装するメリットは多く、換装の作業自体も比較的簡単です。しかし、換装作業前にはいくつか確認しておきたい注意点があります。

ストレージを換装できないノートパソコンもある

ノートパソコンによっては、メーカー独自の規格を採用しているなどの理由から換装ができない製品もあります。作業を検討する際にはあらかじめ仕様を確認しましょう。また、換装を行うと基本的にメーカー保証が受けられなくなるため、保証期間が残っているかどうかについても注意が必要です。

HDDの大きさに注意

古いノートパソコンでは2.5インチサイズのHDDを使用するのが一般的です。しかし、小型のモバイルPCやタブレットPCでは、異なる規格のHDDが内蔵されていることがあります。規格が異なる場合は2.5インチSSDを取り付けられないので、換装前にHDDの大きさを確認しておくことが大切です。

SSDの容量はHDDより大きいものを選ぶ

新しく取り付けるSSDのデータ容量が使用中のHDDより小さい場合、データのクローンが行えません。パソコンの用途や使用方法などを考慮し、データ容量に余裕のあるSSDを選ぶ必要があります。

新型のパソコンに比べると性能は落ちる

起動速度が上がるとはいっても、新型のパソコンと比較するとやはり性能は劣ります。パソコンによっては接続規格が古いなどの理由で、SSDの性能が発揮しきれないケースも考えられます。性能を少しでも上げたい場合は、SSDの換装と同時にメモリの増設を行うのも手です。ストレージと同時に、メモリスロットの空きも確認しておくと良いでしょう。

まとめ 古いノートパソコンでもSSDに換装すればアップグレードできる

古いノートパソコンでも、HDDからSSDに換装することである程度快適に使用できる場合があります。新しいパソコンに買い替えるよりも安く済むことが多いため、もし複数台のノートパソコンをお持ちなら、サブで使っているパソコンで換装を試してみて、性能がどのくらい変わるのか確かめるのも良いでしょう。

おすすめ製品

● 内蔵SSD 480GB 変換キット

ノートPCで標準搭載しているHDDの高速化を図るためにSSDに換装するための換装用キットです。データ移行ソフト付で簡単に従来の環境を移行することが可能です。さらにHDDケース付きなので換装後に取り出したHDDをUSB3.0外付HDDとして使用することが可能です。

ロジテックダイレクトのメルマガに登録

▼ロジテックのFacebookも是非ご覧ください▼

過去の記事

  • 採用情報
  • 法人様向けユーザーナビ
  • スマホ用ワイヤレスCD録音ドライブ Android対応 iPhone対応 CDレコード 2.4GHz
  • リスニング学習向けCDプレーヤー クリップリモコン付き
ページトップへ