いらっしゃいませゲスト

AD-USB2 IO DATA アイ・オー・データ USB接続オーディオキャプチャー
AD-USB2 IO DATA アイ・オー・データ USB接続オーディオキャプチャー

AD-USB2

AD-USB2 IO DATA アイ・オー・データ USB接続オーディオキャプチャー

税込価格:¥5,280[税抜:¥4,800]

48POINT還元

AD-USB2 IO DATA アイ・オー・データ USB接続オーディオキャプチャー

AD-USB2はレコードやカセットなどのアナログ音源をデジタル化して簡単にパソコンへ録音できるオーディオキャプチャーです。
無音部分を検出して自動で分割できるため、アナログ音源でも曲単位に保存ができ、録音したアナログ音源の波形データを参照し、インターネットから曲情報も取得できます。
また、5種類のノイズ除去機能により、聞き取りやすくクリアな音に編集することができます。

【Windows 10ご利用時のご注意】
Windowsの設定において、アプリのマイクへのアクセス許可オフになっている場合、キャプチャーデバイスを使用する事ができません。
タスクバーから検索ボックスをクリックし"プライバシーの設定”と入力→「マイク」→「アプリがマイクにアクセスできるようにする」と進み、設定をオンにしてください。
続きを読む
○メーカーサイト:製品情報はこちら
○サポート/取扱説明書:詳細はこちら
○サポート情報:https://www.iodata.jp/support/

製品概要

メーカー型番
AD-USB2
JAN
4957180122632
価格:

¥5,280(税込)
¥4,800(税別)

48POINT還元

在庫:
在庫あり【 取り寄せ品:2~7営業日】
数量:
お気に入り
  • 商品紹介・製品仕様





レコードの音楽をデジタル化してパソコンへ録音
思い出のつまったアナログ音源をデジタル録音
いつも聞いていた数々のレコード、テープに録りためたラジオ番組など、たくさんの思い出が詰まったアナログ音源はありませんか。大切にしていても、劣化によっていつ聞けなくなるかわかりません。本商品を使えば、そんなアナログの音源をデジタル化してパソコンへ録音、保存しておくことができます。録音したものは、CDの作成やiTunesへの書き出しができるほか、スマートフォンへコピーすることもできます。



使い方はかんたん3ステップ
3つのステップで簡単にパソコンへデジタル録音できます。

1. パソコンで、アイ・オー・データのWebサイト「IOPortal」より、マルチトラック・サウンド編集ソフト「DigiOnSound X C.E. for I-O DATA」(※)をダウンロードする
2. 本商品とパソコン、音楽再生機器を接続する
3. 音楽を再生し、ステップ1でダウンロードした編集ソフトで「録音」を開始する

※ソフトウェアは無料です。ダウンロードには、IOPortalへのユーザー登録とブロードバンド環境のインターネット接続環境が必要です。

いろいろなオーディオ機器と接続可能
オーディオ機器に合わせて使い分けできる2種類の音声入力端子を搭載。レコードプレーヤーには赤・白の「PHONO IN」で接続可能、ラジカセなど他のオーディオデッキには「LINE IN」で接続できます。
また、パソコンに録音中の音楽をスピーカーで聞きながら作業できる「LINE OUT」も搭載しています。

※1 LINE OUTから出力される音声は、PHONO INとLINE INより入力している音声のみです。
※2 フォノイコライザーを搭載していないMMカートリッジ方式のレコードプレーヤーのみ接続してください。フォノイコライザー搭載レコードプレーヤーやオーディオデッキ、CDプレーヤーなどは、LINE INへ接続してください。
※3 接続するオーディオ機器によっては、ピンミニプラグケーブルやステレオミニプラグケーブルなどが別途必要となります。


レコードプレーヤーからの録音に便利な「フォノイコライザー」搭載
通常、レコードプレーヤーから直接パソコンへ録音すると、CDに比べて約1/1000程度のとても小さな音量で録音されます。CDと同じような音量にするには、別途「フォノ端子を搭載したアンプ」に接続するか、「フォノイコライザー」に接続して、音量を大きく補正しなければなりません。

本商品には、レコードプレーヤーの出力信号を増幅調整する「フォノイコライザー(MMカートリッジ方式対応)」を搭載しており、PHONO INからMMカートリッジ方式のレコードプレーヤーに直接接続することができるので、別途アンプなどの機材を準備することなく簡単にパソコンに録音することができます。

※フォノイコライザー搭載レコードプレーヤーやオーディオデッキ(CDプレーヤーなど)は、LINE INへ接続します。
※MCカートリッジ方式のレコードプレーヤーの場合は、別途フォノイコライザーが必要です。




パワフルな編集ソフトを無料でダウンロード提供
マルチトラック・サウンド編集ソフト「DigiOnSound X C.E. for I-O DATA」
本商品をご購入いただくと、マルチトラック・サウンド編集ソフト「DigiOnSound X C.E. for I-O DATA」が、IOPortal(会員情報サービスサイト)より無料でダウンロードできます。 ※ソフトウェアのダウンロード時には、ブロードバンド環境のインターネット接続および、IOPortalへのユーザー登録が必要です。 ※DigiOnSound シリーズは、Windowsパソコン向けの高音質・高機能なPCデジタルサウンド編集ソフトです。 詳しくは、デジオンWebサイト(http://www.digion.com/)をご覧ください。



無音部分を検出し自動で分割
アナログ音源をただデジタル化しただけでは、一つの音楽ファイルとして保存されてしまい、曲ごとに聴きたい場合に不便です。マルチトラックサウンド編集ソフト「DigiOnSound X C.E. for I-O DATA」は、アルバムの曲間の無音部分を自動検出し分割することで、曲単位のファイルに分けることができます。無音部の長さは0.50~5.00秒の間で調整でき、分割のポイントは手動で修正することもできます。



音の波形から楽曲情報を自動で取得
分割した曲は、出だし部分の音源の波形情報をもとに、タイトルやアーティスト、アルバム名などのメタ情報を自動で取得することができます。もちろん手動で修正も可能です。
また、編集画面からボタン一つで、ジャケットの画像をWebで参照することができます。



ノイズの種類にあわせてた除去メニュー
アナログ音源特有のヒスノイズ(無音部分のサーという音)やクラックルノイズ(プチッという音)などをレベルにあわせて取り除き、クリアなサウンドに編集することができます。
※効果を大きくし過ぎると、本来の音の成分を損なって音質が変化する場合がありますので、プレビュー再生機能を使って音質を確認しながら調整してください。



高音域補正によるハイレゾ化
「DigiOnSound X C.E. for I-O DATA」は、曲の波形から、圧縮によって失われた音域を予測・再現するエフェクトエンジン「DHFX」機能を搭載しています。
取り込んだ曲だけでなく、既に持っているMP3ファイルなどの圧縮ファイルも、手軽にハイレゾ品質(96kHz/24bit)に補正し楽しむことができます。




様々な音楽プレーヤーで楽しめる
録音した曲は様々なプレーヤーにコピーできる
パソコンへ録音した曲データは、ハードディスクやネットワークハードディスク、CD、SDカードなどにコピーできるので、オーディオコンポやカーステレオ、スマートフォンで楽しむことができます。また、あらかじめ設定することで、曲を書き出す際に自動的にiTunesへ転送することができます。

※本商品にはスマートフォンへの自動転送機能はありません ※AndroidOS搭載のスマートフォンへデータを転送する場合は、直接スマートフォンとパソコンを接続し、手動でデータをコピーさせる必要があります。

「CDレコ」アプリなら歌詞の表示ができる
パソコンへ録音した曲をスマートフォンへコピーすれば、お気に入りの音楽再生アプリで再生できるほか、当社の音楽再生アプリ「CDレコ」でも再生することができます。「CDレコ」アプリなら、スマホの画面上に歌詞を表示できるので、懐かしい歌を口ずさみたくなった時にも便利です。

※曲を保存する際に曲情報を取得しておく必要があります。
※歌詞を表示させるにはインターネットにつながっている必要があります。
※WAV形式のデータは再生できません。




著作権・肖像権、その他注意事項について
【著作権・肖像権について】
お客様が本商品を利用して取り込んだ音楽やインターネット上からのダウンロードなどにより取得した文章、また撮影して取り込んだ画像など第三者が著作権を有するコンテンツは、私的使用目的による複製や引用など著作権法上認められた場合を除き、著作権者に無断で複製や改変、公衆送信などをすることはできません。
なお実演や興行、展示物などには、私的使用目的であっても取り込みなどを制限している場合がありますのでご注意ください。
また、お客様が本人の同意なしに他人の肖像を撮影したり、撮影した他人の肖像を本人の同意なしに不特定多数に公開することは、肖像権を侵害するおそれがありますのでお控えください。

ご注意
DigiOn 及び DigiOnSound は株式会社デジオンの商標です。
本商品はGracenote(R)のGracenote MusicID(R)技術を採用しております。
楽曲情報の自動ダウンロード機能に関しましては、お客様へ事前に告知する事無く、停止もしくは中止または機能の変更をする場合がございます。
楽曲情報の提供事業者の事情により、提供事業者を予告なく変更する可能性がございます。
楽曲情報取得に関しまして、楽曲によっては情報登録されていない場合がございます。

Gracenote(R)による音楽認識サービスに関しまして
音楽認識技術と関連情報はGracenote(R)社によって提供されています。
詳細に関しましては、Garacenote(R)社のホームページをご覧ください。
また取得した情報に関しましては個人的かつ非商業的な使用にとどめてください。
Gracenote及びGracenote MusicID、Gracenoteロゴとロゴタイプ、Powered by Gracenoteは、米国およびその他の国におけるGracenote Inc.の登録商標または商標です。一部コンテンツの著作権はグレースノートもしくはコンテンツプロバイダーに帰属します。
>Garacenote(R)社のホームページ
>Gracenote(R) エンド ユーザー使用許諾契約書(約110KB)pdf


■対応機種■

□対応機種
対応機種:USB 3.0/USB 2.0 Standard Aコネクターを搭載したWindowsパソコン
動作環境:
【CPU】Pentium(R) 4 2.5GHz以上[Core Duo 1.5GHz以上を推奨]
※エフェクト機能でプレビューを使用する場合は、Core i3 1.5GHz以上を推奨します。
【メモリー】2GB以上
【ハードディスク】400MB以上の空き容量が必要。
※音のデータサイズが大きいため、作業領域と保存用に数GBの空き容量のあるハードディスクをお勧めします。お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより多少異なります。
【画像出力】1024×768pixel、High Color以上
【サウンドデバイス】Windows互換サウンドデバイスが必要。
【その他ドライブ】CD作成時:対応ドライブが必要。

□対応OS
Windows 11 ※2
Windows 10 November 2021 Update(バージョン 21H2)※1
Windows 10 May 2021 Update(バージョン 21H1)※1
Windows 10 October 2020 Update(バージョン 20H2)※1
Windows 10 May 2020 Update(バージョン 2004)※1
Windows 10 November 2019 Update(バージョン 1909)※1
Windows 8.1
※ Windows 10 (S モード)には対応しておりません。
※ Windows 11 (S モード)には対応しておりません。
※1 キャプチャーデバイスを使用する場合、 Windowsの設定において、アプリのマイクへのアクセス許可をオンにする必要があります。
・タスクバーから検索ボックスをクリックし"プライバシーの設定”と入力→「マイク」の「アプリがマイクにアクセスできるようにする」と「デスクトップアプリがマイクにアクセスできるようにする」の両方の設定をオンにしてください。
※2 キャプチャーデバイスを使用する場合、 Windowsの設定において、アプリのマイクへのアクセス許可をオンにする必要があります。
・タスクバーから検索ボックスをクリックし"マイクのプライバシー設定”と入力→「マイクへのアクセス」と「デスクトップアプリがマイクにアクセスできるようにする」の両方の設定をオンにしてください。



製品に関するお問い合わせはこちら ⇒ IO DATA サポート情報

最近閲覧した商品