いらっしゃいませゲスト

災害に備えたデータ保存のすすめ


いつ、誰に襲いかかるかわからない自然災害。自身や家族の安全はもちろんですが、後顧の憂いを断つ意味でも、日ごろの対策、被害にあってしまった際の想定はとても必要です。
その対策の中に、『データ』に関する部分も加えて頂くことは、現代では特に重要だと考えます。

このページで紹介するデータ保存機器はそれぞれ特長を有しています。必要な対策にあわせ、是非一度ご検討ください。






「ガチャベイプロ」シリーズはプロフェッショナルな現場向けに開発された高性能HDDですが、この「可搬性」と「保護カバー」はいざというときの運搬にもとても便利です。 HDDが2台搭載できる2Bayタイプと、4台搭載できる4Bayタイプの2系統に、それぞれ違う容量タイプを揃えております。 民生用のものと比べるとかなり高価ですが、その分「信頼性」に優れた製品です。







HDDは外側をいくら堅牢にしてもあまり意味がありません。瞬間的な振動、これを如何にして制御するかがトラブル回避にとても大事な要素になります。ロジテックの耐衝撃ポータブルハードディスクは、内部構造をとことん追求しました。搭載したドライブを浮かすように配置した特殊ラバー、これがこの製品の一番の特長です。何度も柔らかさを調整し、HDDを守るための最適な柔軟性を実現しました。







最高レベルの暗号化機能(AES256bit)およびLogitecオリジナルパスワード認証ツールにより、重要データを保存する外付けHDDの情報漏洩対策として求められるダブルセキュリティ機能を備えたハードディスクです。万が一、本体の行方が分からくなってしまうような状況に陥ったとしても、データが漏洩することを完全に防ぐことができます。







ハードディスクなどの保存機器は「電子機器」ですので、水には弱いです。また、故障してしまったあとはデータサルベージなどの処理が必要ですし、専門事業者でも物理破損の復旧難易度は高いため、データがなくなってしまう恐れがあります。その点、「ブルーレイやDVD」などの『メディア』にデータをバックアップしておけば、盤面に傷がついてしまうと読み込めなくなるリスクは高いものの、ただの水没であれば、メディア自体が"腐食"する前にデータを取り出すことは可能になる可能性も高いです。災害対策のデータバックアップ方法として、ブルーレイやDVDなどにバックアップをとることは、実はとても有効です。




ロジテックダイレクト 人気商品

最近閲覧した商品